メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2017.11.13

日経225の乱高下で目先の天井形成

著者:松島 修


先週、9日(木)、日経225が大きく動き、ドル/円にも影響を与えました。

日経225は特に材料がないのに短期投機筋が前場に大量の買いで上昇させ23000円の少し上の(多分大量の)ストップロスをつけて上昇加速
23418円まで上昇させてから、後場に売りに転じて急落、一日で高値と下値の値幅が860円もの大きな幅となり元の価格に戻りました。(ローソク足は大きな十字を形成)
 
 
・日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171112.gif

さすがにここまで大きく動くと、23000円や23400円は目先の天井となり
しばらくは、乱高下する可能性が高いと判断しています。
(ボラティリティが高い状態が続く)
 
 

23000円は日経225の過去の最高値38900円と直近の安値7000円の中央値であり
ここは比較的強い抵抗ラインです。下記チャート参照

日経225月足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171112-10.gif

この比較的強い抵抗ラインを超えたことから
買い加速と見せかけ、ストップロスの買戻しだけではなく
騙されて新規買いが入ってきたところを売り崩したということです。

見事な仕掛けでした。

当日のラジオNIKKEI「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」の
西原さんの解説をオンデマンドで聞かれると良いです。
http://market.radionikkei.jp/simplefx/
 
 

皆さんは、この乱高下ではトレールで利益確定となったかと思います。
 
 

これで、23000円の抵抗ラインが、強化されたと思います。

短期的には、しばらく乱高下する可能性が高く
その後、どうなるかなのですが

北朝鮮での戦闘開始で、日経225はさらに下落というシナリオになる
可能性があるので、目先の戦略は日経225を23000円近辺で売り仕掛けです。

勿論、23000円を越えて続伸する可能性も十分あるので
ストップロスは必須です。

ドル/円は、悩ましいところですが
日経225の下落に連動しやすいので
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)を売り仕掛けポイント(短期)
に変更。

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171112-1.gif

ニューヨークダウも、日経225の影響を受け
強い上昇が終わるか継続するかの分岐点である
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)を割ったので
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)は売り仕掛けポイント(短期・中期)
となります。

ストップロス必須

・ニューヨークダウ 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic171112-7.gif

 
 
ちなみに、株式は二番天井・二番底をつけやすい性質があり
為替は一点で天井、大底になりやすいです。

たんたんと上昇する相場の天井を見定めるのは難しいのですが
今回、短期筋の仕掛けによる動きから天井の一つの目安ができたということです。
 
 

本記事は、新イーグルフライから抜粋したものです。

松島 修

>> 著者ページはこちら

バックナンバー

メディア情報

無料講座

無料メルマガ

オススメ商品

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載