元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 典弘)
+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.04.16

ドル/カナダ(日足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=79日サイクルで下値ポイントの75日平均を割り込んできた。6月に向けた一段の下値リスク要警戒=

●下記のチャートは、ドル/カナダの日足である。

●ドルカナダは、17年9月安値1.2064からの反騰は、0.0856/0.0873の二段上げで、1.3118(3/19)まで上値を拡大したが、16年1月からの長期上値抵抗線を突破できずトップアウト、1.2550(4/11)まで反落してきた。

●この反落で、17年以降、短期トレンドの重要な転換ポイントとなってきた、75日移動平均(4/16現在1.2658)を割り込み価格面は弱気転換を確認、下値リスク要警戒となってきた。

●時間面では、ドルカナダは、日足サイクルとして、2つの79-87日(4ヶ月)サイクルからなる163-172日(8ヶ月)サイクルが重要な短期天底を形成。

●今回も、17年12/19高値1.2920から79日目の4/9(1.2808)が4ヶ月サイクル重要転換日となって下げに転じてきた。

●この4ヶ月サイクルシナリオが有効なら、4/9を起点とするこの反落は、次なる8ヶ月(163-171日)サイクルボトムの6月(5/29-6/8)に向けた、更なる調整を警戒する可能性がある。

●時間面を重視するなら、当面の戦略は、日足終値で、1.2658(4/16現在75日移動平均)を明確に切り返さない限り、戻りは売りとなる。

2018年4月16日

詳細は下記の添付ファイルをご覧ください

http://www.pro-fx.info/ef/pic180416-31.gif

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

最新記事

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

オススメ商品

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る