元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.03.08

大局を掴むために大切な相場は

著者:松島 修


基本的に、
各相場の中で特に押さえておくと良い相場、つまり
各相場の方向性など大局を掴むために大切な相場は

・ニューヨークダウ
・日経225
・ドル/円

の3つです。

これらは連動すると同時に、その他の相場(FX・商品)の基本であり
3つとも簡単に取引できるものだからです。

(日経225もニューヨークダウもCFDで簡単に取引可能です)

ちなみに、商品(ゴールド・原油・穀物)は、
連動しない時も多いので中級者以上が扱うと良いです。

 

□投資・トレードで大切なこと

投資・トレードで大切なことの基本が2つあります。

(1)待つこと

「明確な抵抗ラインにくるまで待つ」ことがローリスク・ハイリターンの秘訣です。

明確な抵抗ラインは少ないので、待つ事が、とても大切です。

(2)ストップロスをきちんと置く

ほとんどの人は、ストップロスをきちんと置くだけで、収益が改善します。

コツコツ利益を出して、ドカンと損失となるパターンが多いです。

 

たった、2つですが、これができる人とできない人がいます。

できる人は、王様マインドで

できない人は、奴隷マインドです。

したがって、一番大切なことがマインドセットだということになります。

 
王様マインドと奴隷マインドが分からない人はこちらをお読みください。

●書籍 王様マインドと奴隷マインド(サンマーク出版)
https://www.the-status.com/pr4/

 

待つことができない人(奴隷マインドの人)は、レストランのブッフェで、
最初の方の目の前にある食べ物を沢山盛って、
後の方に出てくる高級で美味しい食べ物を盛れない人です。

(そのような人が多いので、お店は、後の方に豪華な食べ物を用意しています)
 

ストップロスができない人(奴隷マインドの人)は
損失は自分の価値を下げると思っている人であり
損失を少しも出したくないという人です。

 

待つことができる人(王様マンド)の人は、レストランのブッフェで
全部を見渡してから、美味しいものだけを盛る人です。

もしくは美味しそうなものを少しずつ取って最初に味見をしてから
美味しいものだけを取りに行く人です。

 

ストップロスをきちんと入れる人(王様マインド)の人は
損失は自分の価値とは無関係と思っている人であり
ストップロスの損失は利益を得るための経費だと思っている人です。
 

投資・トレ-ドは、人生で一番大切なマインドセットの大切さを知る機会であり

投資・トレ-ドは、人生で一番大切な正しいマインドセットを身に付けるためにも有効です。

 
イーグルフライの前号でニューヨークダウが下落基調であることを書きましたが
日足ボリンジャーバンドのセンターラインを切ってきたので
日足では下落トレンド入りしてきています。

ボリンジャーバンドのセンターラインの上に位置している時が上昇トレンド
ボリンジャーバンドのセンターラインの下に位置している時が下落トレンドです。
 
日経225も、ニューヨークダウに引っ張られるように下落しました。

戻り上昇局面の終焉となりそうな雰囲気なので
今は、長期の売りポジションを持つことを意識する時です。

中国株(上海総合指数)が下落に転じると、その他の相場が弱くなるので注意。
 

□長期戦略
ドル/円、日経225・ニューヨークダウ等の目先の天井で売りポジションを持つ戦略継続。

3月が各相場の天井になる可能性が高そうです。

 
再来週、3月20(水)19:00~
投資の基本セミナーを新宿で開催します。限定8名
https://www.eagle-fly.com/fp/ef20190320/
 
対象は
・証券会社やFX会社に口座開設したものの、その先が分からない。

・一番美味しい投資を理解したい

・各相場の関連性を知りたい

・投資の基本的な理解を深めたい

・投資をしているが、肝心なところが足りない

・投資リテラシーを身に付けたい

相場の本質を効率よく理解し、利益を上げるために、こちらを強くお勧めいたします。

資産構築王道速習プログラム
https://www.eagle-fly.com/ef/eftks/

 
□相場の売買仕掛けポイント ここでは割愛

以上

 

本記事は「新イーグルフライ」から抜粋編集。
https://www.eagle-fly.com/mm/

無料メルマガ「イーグルビュー」をご登録下さい。
https://www.pro-fx.info/mailmaga.html
リアルタイムに本記事を受け取ることができます。

松島 修

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る