元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.02.12

新型肺炎 新型コロナウィルス2

著者:松島 修


ドル/円と日経225は、売り仕掛けポイントである
日足ボリンジャーバンドの+1σ(シグマ)から綺麗に下落してきました。

豪ドル/円とニューヨークダウは、売り仕掛けポイントには若干届きませんでしたが
ほぼ売り仕掛けポイントから下落してきました。

今回の売り仕掛けポイントは目先の天井になり
2月末くらいまで下落トレンドが続きそうです。

売値下のストップを下げていき(トレール)追従すると良いです。
 
 
■新型肺炎 新型コロナウィルス2(日刊ゲンダイで毎週金曜日に連載中記事から)
 
新型コロナウイルス報道で株は下げましたが先行指標である銅価格やバルチック海運指数は、それ以前から急落しています。

新型コロナウイルス報道前から景気後退サインがでていたのです。

また、ニューヨークダウとドル/円は時間分析的に天井を打つタイミングから下落しています。

つまり、テクニカルに後追いで材料が出たわけですが相場ではこのようなことは多いです。

ウイルスの感染拡大状況によって変わりますが現在の中期の株価の下落トレンドは月末くらいまで続きそうです。

今後、米国は新型コロナウイルス拡大が金融緩和をする理由づけになり、金融緩和(金利引き下げ)をして株価を支える可能性が高く、その場合、世界の大きな投資資金は新興国から米国に移動を加速することになります。

米国株は金融緩和でサポートされるので米国買い、アジア株・新興国株売りという流れが加速することになりそうです。

具体的には米国株買いと同時に日本株(日経225)売りというポジションが良いことになります。

新型コロナウイルスは潜伏期間が比較的長い上、症状が出る前に感染することから感染拡大しやすいようです。

今後、感染がどのように拡大・収束するか分りませんが1月30日にWHOが緊急事態宣言をしたので警戒度が上がっています。

現在、上海も上海ディズニーランドを閉鎖し、タクシーは運休、自宅軟禁状態でゴーストタウンになっており景気にも大打撃です。

前回、ウイルス対策で一番大切なことは手洗いで、手についたウイルスが目・鼻・口の粘膜へ触れることが最大の感染経路だと知ることが大切だと書きました。

次に免疫力を上げるために体温を上げることも大切です。

病は薬が治すのではなく自分の免疫力が治すからです。

適度な運動で体温が上がりますが筋肉が付くことで平熱も上がるので筋トレは良いです。

スクワットは効率良く簡単にできるのでお勧めです。

普段からエレベーターを使わず階段を利用するのも良いです。

投資でも災害でも大衆心理はパニックに陥りやすいわけですが中国ではマスクだけではなく食料品もパニック買いにより品薄になっています。

今後、日本も食料品が品薄になる可能性がありますので防災対策用の食品備蓄がない人は今のうちに準備をしておくと良いです。
(備蓄に最適なものは缶詰で不適切なものは嵩張るカップラーメンです)

大衆心理はパニックになり同じ行動を取り、突然、店頭から食べ物が無くなります。
 

日刊ゲンダイで毎週金曜日に連載中
 

日刊ゲンダイWEB版にも掲載
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3756
 
以上
 
 
本記事は「イーグルフライ」から抜粋編集。
https://www.eagle-fly.com/mm/
 
無料メルマガ「イーグルビュー」をご登録下さい。
https://www.pro-fx.info/mailmaga.html

松島 修

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る