元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.02.25

政府の発表や方針を信じてはいけない

著者:松島 修


(日刊ゲンダイで毎週金曜日に連載中記事から)
 
新型コロナウイルスは中国経済に大打撃ですが日本株は一旦下落後、上昇しました。

今の不景気の株高の時期は景気悪化材料が米国の金融緩和の期待となり株価上昇することが多くなります。

そして、米国株と世界の株は連動するので「新型コロナウイルスで株価下落」と「米国の金融緩和で株価上昇」の綱引き状態です。

先週、米疾病対策センターのロバート・レッドフィールド所長が、新型コロナウイルスが米国内で広範に感染が拡大する最悪の事態に備えた準備を進めてきたことと、ウイルスが来年2021年以降にも残り続ける可能性を示唆しました。

だんだん新型コロナウイルスの世界への拡大が強く意識されるようになってきているので株価下落圧力は強くなる方向です。

前回、「報道を信じてはいけない」という話を書きましたが「政府の発表や方針を信じてはいけない」という視点も大切です。

当初、新型コロナウイルスは「人から人へは感染しない」などの間違った認識や楽観的な認識から水際対策をしなかったことで感染が広がりました。

大衆は「想定外の災害」という表現を使うことが多く、パニックになり間違った行動をとりがちですが、厚労省の担当者は30日の会見で「症状がない人にもウイルスが含まれていることは想定していなかった」という発言がありました。

未知のウイルスに対しては最悪を想定して対処することが基本なのに楽観視して「想定外」という言葉はお粗末です。

これは何度も繰り返されてきたことで、311の原発事故の時も同じく、本来は最悪のことを想定して危険エリアを広めに設定し状況を確認していきながら危険エリアを縮小していくのが基本なのですが、実際には、まず最小の危険エリアを設定し時間の経過とともに危険エリアを拡大していったのです。

その結果、日々、危険地帯が拡大することになり、どんどん不安を拡大することになりました。

災害や相場については楽観視せず、最悪を想定し準備しておくことで始めてお気楽になれるのです。

激動の時代は想定外の災害が多発することを理解しておくことが知恵の第一歩です。

見込み違いの政府発表や方針は毎度のことで、これは政府を批判しているのではなく私たちが同じ間違いを繰り返さないために自分の頭で考え、先読みをしておくことが大事だということです。

投資においては国や大衆が何を考えどのように行動するかと実際の未来とのギャップが利益になるからです。
 
 

日刊ゲンダイWEB版にも掲載
https://www.nikkan-gendai.com/articles/columns/3756
 
以上
 
 
本記事は「イーグルフライ」から抜粋編集。
https://www.eagle-fly.com/mm/
 
無料メルマガ「イーグルビュー」をご登録下さい。
https://www.pro-fx.info/mailmaga.html

松島 修

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る