元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 典弘)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.04.16

今後のシナリオ

著者:松島 修


今、一番注目していた先行指標の一つ、ジャンク債が、その後も急騰を続けており強いため
バブルは継続の方向であり、中期的にニューヨークダウや日経225は強そうと判断しています。

ドル/円も連動して上昇しやすくなっていますが、長期トレンドは下落継続です。

ジャンク債 iシェアーズ・iBoxx・米ドル建てハイイールド社債ETF

日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180415-7.gif

やはり先行指標的なビットコインも急騰しています。

ビットコイン日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180415-8.gif

(新イーグルフライの)前々号で、今後のシナリオを書きましたが、
その通りの展開に進みそうです。

補足して再掲します。

 

□ニューヨークダウのメインシナリオ

4月:目先の天井をつける時(戦略的は短期の戻り売り・短期の買い)

5月頭:目先の天井からの下げ

5月:目先の底、底から上昇(戦略的は短期・中期の買い)

秋以降:大天井(戦略的は短期・中期・長期の戻り売り)

その後、バブル崩壊

 

□ドル/円のメインシナリオ

中期的にはニューヨークダウと同じですが、頭は重く、
長期の下落トレンド継続

今年は戦争がテーマとお伝えしてきたように
シリア・北朝鮮がどうなるか注目です。

戦争となるとリスクオフとなり、
株価下落・ドル/円下落なので、今後、戦争モードに入って
相場急落ということも十分考えられます。

シリアは米国がミサイル攻撃をしましたが、地域は限定的です。

米ミサイル攻撃105発 シリア化学兵器施設3拠点に(朝日新聞)
https://www.asahi.com/articles/ASL4G7G3SL4GUHBI041.html

 

シリアで、そもそも化学兵器が使われたのかも一部で疑問視されており
米国とロシアとの戦争に発展する可能性もあります。

また、シリア攻撃は北朝鮮に対する見せしめという位置づけにも見えます。

今年は、北朝鮮と中東、両方の戦争になるのかもしれません。

 

ユーロ/ドルは買い仕掛けポイトのボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)
目先の底で買った方が多かったと思います。

買値上にストップ移動すると良いです。

現在、時間的に長期上昇トレンドが発生しそうなのでなので押し目買い継続です。

・ユーロ/ドル 日足ボリンジャーバンド
http://www.pro-fx.info/ef/pic180415-3.gif

 

以上

 

本記事は、新イーグルフライから大幅抜粋・編集したものです。

 

■激動の時代を生き抜く知恵が無料で学べます。
↓ ↓ ↓
激動の時代の投資7日間無料メール講座
http://www.fpnet-biz.com/ef/

 

松島 修

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る