米中貿易戦争の中
ニューヨークダウが最高値更新
中国株(上海総合指数)も急騰により、
世界の相場はリスクオン(株価上昇)モードに入っています。

疑心暗鬼な上昇です。

上海総合指数のチャートを見ると、突然急騰しており
これは踏み上げ相場の特徴です。

上海総合指数 日足
https://www.pro-fx.info/ef/pic180923-14.gif

踏み上げ相場とは
売りポジションを持っていた筋が、損失が増えて耐えられなくなって
買い戻して急騰する相場のことです。

踏み上げ後、下落トレンドが上昇トレンドになることもありますが
下落トレンド継続の可能性もあります。

今の株価上昇(リスクオン)の理由は良く分かりません。

ニュース等では後講釈的な解説や
さも正しそうな論調が書いてあっても
書いている人たちが相場を理解して書いているわけではありませんし
世論を誘導しているようなものだったりします。

今のような誰にもよく分からない株価上昇やドル/円上昇の時は特に
ニュースなどの解説は誰の役にも立たない有害な情報となり
真に受けて読むことで確信を持って間違えることになります。

例えば「遠のいた円高」という論調で大衆心理が「円安」となった後
「突然の円高」になり、大衆は損をすることになります。

大衆心理は常に損をします。

今の相場を見ると総楽観相場ですが、総楽観はバブルの特徴です。

現在、大きな視点で見た場合、バブル継続するかどうかの分岐点だという認識です。

今回のバブルは世界全体の官製相場、つまり人為的に作られた相場なので
バブルがどこまで続くかは良く分かりません。

バブルを延命すればするほど、その後の暴落やダメージは大きくなります。

ちなみにトランプ大統領は、米中貿易戦争以外は、ありとあらゆる手を使って
相場を持ち上げようとしています。

11月6日の中間選挙までは
株価を上げようとする一方
ドル安に誘導しようとする可能性が高いです。

現在の戦略は
短期で上昇についていく
天井になりそうなところは、ストップロスを入れて売りポジションを持ってみる
となります。

現在、ドル/円は、売り仕掛けポイント待ち。

相場では前回高値は、抵抗ラインになるので、
ドル/円の前回高値113.17円近辺は売り仕掛けポイント。

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
https://www.pro-fx.info/ef/pic180923-1.gif

日経225は、前回高値、24000円の少し上は
売り仕掛けしてみたいところです。

また、23000円割れは新規売り仕掛けポイント

日本株(日経225)日足ボリンジャーバンド
https://www.pro-fx.info/ef/pic180923-4.gif

どちらも天井狙いは完全な逆張りなので、ストップロスは必須です。

(天井売りや大底買いなどの逆張りは、反対に行けば大変なのでストップロス必須)

今週、日本時間25日に日米通商協議がありますが
ここで相場が動く可能性があります。

□相場の売買仕掛けポイント ここでは割愛

以上

 

本記事は「新イーグルフライ」から抜粋編集。
https://www.eagle-fly.com/mm/

無料メルマガ「イーグルビュー」をご登録下さい。
https://www.pro-fx.info/mailmaga.html
リアルタイムに本記事を受け取ることができます。