元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.10.29

ドル円のポイントと株価動向に注目

著者:松島 修


特に悪材料があったわけではありませんが
日経225やニューヨークダウ株価が大きく下落し(リスクオフ)
ドル/円も下げました。

ドル/円は、売り仕掛けポイントである
日足ボリンジャーバンドのセンターライン近辺から綺麗に下落し

利益確定ポイントであり新規買い仕掛けポイントである
日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)近辺まで下げてから
現在、少し上昇しています。

底で買った人は買値上にストップ移動です。

日足ボリンジャーバンドのセンターラインが短期の利益確定ポイントであり
新規売り仕掛けポイントです。

引き続き日足ボリンジャーバンドの-2σ(シグマ)は買い仕掛けポイント。

(逆張りなので特にストップロス必須)

・ドル/円 日足ボリンジャーバンド
https://www.pro-fx.info/ef/pic181028-1.gif

 

株(日経225やニューヨークダウ)の方が大きく動いておりドル/円の動きは鈍いですが、
仕掛けポイントである抵抗ライン近辺で止まるという点で、
現在、ドル/円が仕掛けやすいです。

また為替取引をするためにも株価動向をしっかり見ることが大切です。

現在の、相場を短期の視点と中長期の視点で確認します。

 

□短期(目先の視点)
今週はドル/円・日経225・ニューヨークダウともに
先週の大きな下落からの反発局面になりそうです。

相場は一方向に下落し続けるのではなく、反発局面があります。

□中長期(高い視点)
バブルの継続と崩壊の分岐点です。

今のところ、バブルは継続しそうですが
突然バブル崩壊の可能性もあります。

現在、株が売られ、金(ゴールド)が買われていますが、
金(ゴールド)も下落開始し始めたら危険信号点灯です。

バブル崩壊時は、株・債券・金(ゴールド)・ドル/円
全てが売られますので、現在の相場は、全面売りになっていません。

今後、全面売りになっていくのかは、引き続き要注目です。

現在の戦略は次の通りです。

 

□戦略 ドル/円・日経225・ニューヨークダウ
・目先の底で買い上昇についていく(ストップロス必須)
・目先の天井で売り仕掛け(ストップロス必須)

今回、とくに悪材料がないのに、株価が大きく下落しましたが
バブルのピークからバブルが崩壊して大暴落する時は
悪材料らしきものもなかったり、
大きな材料とは言えないようなことで大きく下落することが多いです。

ちなみに、相場のピークは、市場の9割の人が、まだ上昇すると思った時に
ピークをつけることが多いです。

買う人が皆買ってしまい、その後に買う人がいないような状況が
相場のピークです。

株であれば、好決算が出て少し上昇するものの
そこが天井であることが多いです。

 

□ポイント

仕掛けポイントが明確な相場が仕掛けやすい
為替取引をするためにも株価動向をしっかり見ることが大切
バブル崩壊・天井を打つ時に悪材料はないことも多い(気付いたら突然下落開始)
逆張りは特にストップロス必須

 

□今後の懸念材料

英国EC離脱
イタリアEC離脱
中国の景気
金利上昇
イスラエル動向
北朝鮮核廃棄動向

——–

掲示板でもおなじみの西原さんのメルマガ
「西原宏一のシンプルFXトレード」のサポート情報配信をしている田向宏行さんが
11月2日(金)に3冊目となる書籍を出版します。

書籍名は『ずっと使えるFXチャート分析の基本』(自由国民社)

テクニカルの、基本中の基本、しかし誰もが見落としている点が書かれています。

この基本がわかると、値動きから市場参加者の心理を紐解くこともできるでしょう。

発売を記念して、
2018年10月29日(月)昼12時~10月31日(水)昼12時まで
アマゾン購入キャンペーンを開催します。

キャンペーン期間中にアマゾンで本書を購入された方には、特典をご用意しています。

アマゾンキャンペーンの詳細とお申込みはこちらから
↓  ↓  ↓
https://www.eagle-fly.com/

□相場の売買仕掛けポイント ここでは割愛

 

以上

 

本記事は「新イーグルフライ」から抜粋編集。
https://www.eagle-fly.com/mm/

無料メルマガ「イーグルビュー」をご登録下さい。
https://www.pro-fx.info/mailmaga.html
リアルタイムに本記事を受け取ることができます。

松島 修

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る