元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.11.12

米ドル/カナダドル(週足) 値幅 分析

著者:伊藤 寿彦


=原油下落とともに、資源国通貨カナダが売られてきた、NY原油58ドル/ドルカナダ1.3380の攻防が見極めのポイントに=

●下記のチヤートはドルカナダの週足である、

原油の急落を受け、10月以降、資源国通貨のカナダ売り/ドル買いが続いている

●値幅面では、ドルカナダは、16年5月安値1.2469から、各段が、0.0782/0.0832/0.0814の三段上げで1.3789(17年5月)まで0.1320を上げ、その後1.2064(17年9月)まで押しを入れた後、

●1.2064(17年9月)からの上昇も、各段が、0.0856/0.0873/0.0834の三段上げで、1.3380(18年6月)まで、前回の0.1320と同値幅の0.1316を上げ

●その後1.2782(18年10/5)まで押しを入れた後、原油の急落に呼応して上げてきた

●当面のポイントは9月高値1.3225(9/6)、

ここは、前回16年5月安値から17年5月高値までの上げ満1年に対する、17年9月安値からの満1年の高値であり、1つ目のポイント、

突破すると、1.3380(6月高値)が射程圏に入る、

●1.3380(6/27)を突破すると、17年9月安値1.2064からの上げ一相場800ポイントの四段目の上昇入りを確認、四段上げターゲットの「1.3596-1.3655」、

更には、1.3888(16年1月からの長期下降チヤネル上辺)から「1.4098-1.4102」(中勢一相場1320ポイントの上値めど)に向け上値余地が開ける

●一方、「1.3225(9/6)-1.3380(6/27)」を突破できず、1.2782(10/5)を割り込むと、17年9月からの上昇一巡、再度、17年9月安値を試す調整入りの可能性が出てくる

●果たして、原油価格の更なる下げとともに、「1.3225(9/6)-1.3380(6/27)」の上値抵抗を突破して、四段上げターゲットの1.3600、更には1.3888-1.4100に向け上値を拡大するか、

NY原油の下値ポイント58ドル(11/8原油レポート参照)とともに、ドルカナダの上値ポイント1.3380(6/279)の攻防に要注目

 

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください。

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/51/8ba0fa2399d184711f717f74437d587e-2.jpghttps://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/51/8ba0fa2399d184711f717f74437d587e-1.jpg

2018年11月12日

 

本記事は新イーグルフライから抜粋したものです。

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る