元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.01.28

ユーロドル(日足)値幅 分析

著者:伊藤 寿彦


=1.1286(1/24)で下げ止まり英ポンドとともに反騰してきた、

更なるドル安相場に発展するか、英ポンド1.3299/ユーロドル1.1417の攻防を注視=

 

●ユーロドルは、11/12安値1.1213から、各段が、0.259/0.231/0.262の三段上げで、1.1569(1/10)まで上げて反転

 

●1.1569(1/10)からの下げは、1.1286(1/24)まで、11月の下げ幅0.0286(1.1499-1.1213)と同値幅の0.0283(1.1569-1.1286)を下げ、

11月からの上昇チヤネル下辺(点線)で下値を止められて反転、1.1417(日足先行帯上限)まで上げてきた

 

●当面のポイントは、先行帯上限の1.1417の攻防である、

終値でクリアーにブレイクすると、次なるポイントは、

11月からの、過去3回の上げ一相場250ポイントの上値めど「1.1517-1.1548」と、
9月高値1.1815からの上値抵抗線の1.1531(1/28現在)及び、

1.1569(1/10)が重なる「1.1517-1.1569」がターゲット、

この上は、1.1621(10/16)と、1.1642(11月安値1.1213からの中勢上げ一相場の上値めど)が重なる

「1.1621-1.1642」、更には、最終ラインの1.1815(9/249を順次試すことになる

 

●一方、下値は1.1286(1/249を割り込むと、1.1213(11/12)を再度試す可能性あるが、1.1300以下の下値の固さを確認して英ポンドとともに切返し始めたユーロドルは、

当面自律反騰シナリオが有力である

 

●果たして、英ポンドとともに、切返し始めたユーロドルは、

さらなる、英ポンド高/ユーロ高/ドル安相場に発展するか

まずは、英ポンドの1.3299(9/20)、

ユーロドルの1.1417(日足先行帯上限)、の攻防に要注目

 

2019年1月28日

 

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください

https://www.pro-fx.info/ef/pic190128-51.jpg

本記事は新イーグルフライから抜粋したものです。

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る