元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.03.11

英ポンド米ドル(日足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=114日(5ヶ月)サイクルで一旦上値を止められた、1.3350を更新できないと、4月上旬まで上昇一服の公算も=

●下記のチヤートは、英ポンド/米ドルの日足である

●英ポンドは、1/3安値1.2437から1.3094(1/24)まで(18年3月以降、過去2回のリバウンドと同値幅の)0.0657を上げた後、1.2769(2/14)まで押しを入れ、

●1.2769(2/14)からの二段目の上げは、英国の合意無きEU離脱の可能性低下、3月末の離脱期限延長の可能性を材料に、

9/20高値1.3298を突破、1.3350(2/27)まで上値を拡大したが、利食い売りに上昇一服となっている

●今後、1.3350(2/27)を超えてくると、短期的には、1/3安値1.2437からの小勢一相場640-667ポイントの二段上げターゲットの「1.3409-1.3436」、

更には、中勢一相場2400ポイント前後の二段上げターゲットの「1.4819-1.4955」に向け上値余地が開ける(1/30値幅レポート参照)

●時間面では、英ポンドは、既報の通り、日足ベースのサイクルとして、2つの56―60日サイクルからなる113―114日(5ヶ月)サイクルが重要な天底を形成

●今回も、12/6高値から59日目と9/20高値から114日目が重なった2/27(1.3350)が5ヶ月サイクルの重要転換日となって上げ止まった、この時間構成が有効なら

●1.3350(2/27)を超えてくれば、このまま上値を追うシナリオが有力だが、越えられないと、次なる56-60日サイクルボトムの4月上旬(4/8-12)まで、上昇一服の踊り場を形成するシナリオも想定しておく必要がある

●EU離脱期限の3月末まで、まだ一波乱の可能性もあり、買い方は慎重に行くならここで一部利益確定、1.3350越えで追撃買いとなる

2019年3月4日

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください

https://www.pro-fx.info/ef/pic190304-51.jpg

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る