元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.03.25

NYドル円(日足)値幅 分析

著者:伊藤 寿彦


=予想通り、76.4%戻りを達成して反落してきた、次なるポイントは109円処、割り込むと「108.30-107.84」に向け下値拡大の公算=

●下記のチヤートは、NY市場のドル円の日足四本値である、

ドル円は、18年3月安値104.66から、6.62/5.01/4.56の三段上げで114.53(10/3)まで9.87円(10円)を上げ、

●ここからの下げは、3.18/3.64/4.28の三段下げで、(18年3月安値104.66からの上げに対する76.4%押し106.98を達成する)107.12(1/3)まで7.41円(7円)を下げてV字反転

●107.12(1/3)からの反騰も、予想通り(12/13高値113.70から1/3安値107.12までの下げに対する76.4%戻り112.14を達成する)112.13(3/5)まで5.01円を上げて反落、

下値ポイントの75日移動平均を割り込み109.71(3/25執筆時点)まで下げてきた

●当面の上下のポイントは、上値は、110.32(2/27)から110.53(75日移動平均)が上値抵抗ゾーン、

75日移動平均の110.53を終値で明確に切り返さない限り110円台前半を戻り高値に当面下値を試すシナリオが有力である、

下値は、まず109.62(1/3安値107.12からの上げに対する50%押し)だが、

●より重要なポイントは109.03(同61.8%押し)と、昨年から過去5回の、小勢下げ一相場「3.12-4.28」のターゲットレンジ上限109.01が重なる109円どころが1つ目のポイント、

●109円を割り込むと、108.30(1/3安値107.12からの上げに対する76.4%押し)と107.85(小勢下げ相場「3.12-4.28」のターゲットレンジ下限)
および107.84(3/23安値からの下値支持線)等が重なる「108.30-107.84」が2つ目のターゲット

●このうち、108.30は、過去2回の1/3安値および3/5高値を規定した76.4%押しの最重要ポイント、

現状は早計だが、仮に108円どころで下げ止まらず、下値支持線の107.80処を明確に割り込むと、

●新たな下げトレンドとして、中勢下げ一相場7円の下値めど105円どころ「105.55-104.72」に向けた下値リスク拡大シナリオを想定する必要がでてくる

2019年3月25日

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る