元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.04.01

ドル円(日足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=値動きは強気だが、時間面は4ヶ月サイクルトップの4/1-10の重要な高値の時間帯に入った、4月第1週/2週の上値の攻防を注視=

●下記のチヤートは、ドル円の日足である

●ドル円は、1/3急落の安値104.10からの上昇は、(10月高値114.55からの下げに対する76.4%戻りの112.08を達成する)112.13(3/5)まで上げてトップアウト

109.67(3/25)まで押しを入れたが、下値固く、再度111円台に乗せてきた

●当面の上値ポイントは、111.45(200日移動平均)及び111.62(上値抵抗線)からなる「111.45-111.62」の上値抵抗ゾーンの攻防である

●時間面では、ドル円は昨年来、2つの40-55日サイクルからなる88-95日(4ヶ月)サイクルが重要な短期天底を形成してきたが、この日柄構成が依然有効なら

●11/28高値114.03から本日4/1まで88日が経過、時間面は、88-95日(4ヶ月)サイクルトップの4/1-10の重要な高値の時間帯に入ったことになる

●値動きは強気だが、果たして、サイクルシナリオ通り、今週4月第1週-来週第2週(4/1-10)が重要転換時間となって、

(76.4%戻りの)112.13(3/5)を突破することなく、111円台を高値に、次なる2ヶ月サイクルボトムの4月末/5月初旬に向け再度下げに転じるか、

●日柄/価格ともにポイントに差し掛かった4月第1週/来週第2週のドル円の111円台の上値の攻防に要注目

2019年4月1日

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください
https://www.pro-fx.info/ef/pic190401-51.jpg

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る