元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.05.27

英ポンド円 値幅 分析

著者:伊藤 寿彦


=下げ一相場5円の三段下げで、ダブルトップ(二番天井)の下値めど138.51を達成した、
メイ首相辞任で一旦材料出尽くしの公算も、138円を割り込めば追撃売り=

●英ポンド円は、1/3安値131.55から、各段が7.88/7.51/7.59の三段上げで、148.57(3/1)まで上げ、その後143.69(3/11)まで押しを入れ、

ここから四段目の上げを狙ったが、148.87(3/14)で上値を止められ、二番天井を形成してトップアウト

●148.87(3/14)からの下げは、5.08/4.98の二段下げで、142.21(5/9)まで下げ、

その後143.24(5/10)を戻り高値とする三段目の下げは、先週末138.48(5/24)まで下げ

●三段下げの下値めど「138.16-138.36」と、3月の二番天井の下値めど138.51が重なる「138.15-138.51」のターゲットレンジに到達

●下げ一相場5円の三段下げで、二番天井の下値ターゲット(V計算値及びE計算値)、の138円台を達成したポンド円は、一旦下げ止まる可能性があり、
慎重に行くなら、売り方は一旦の中締め(利食い)が必要なレベルである

●次のポイントは、三段下げ達成で下げ一服/持ち合い局面に向かうか、138円を割り込んで、四段目の下げに向かうのかだが

●英国のメイ首相の辞任発表で、当面材料出尽くしの英ポンド円は、三段下げ達成後の戻りを見極めたいところだが、

仮に戻りなく、138円を割り込むなら、そこは追撃売りとなる

2019年5月27日

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/7d2f03998e385d7d3792f9b1874dd7d1-1.jpg

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る