元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.11.11

英ポンド/円(週足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=半値(50%)戻り達成後持ち合い続くが、時間面は6ヶ月サイクルトップのタイミング、続伸か上昇一服か、ドル円と連動するポンド円の今後2週の値動きを注視=

●下記のチヤートは、英ポンド/円の週足である、

ポンド円は、18年2月156.61円を高値に、右肩下がりの下降チヤネル内を、126.52(19年8月)まで30円(30.09)下げて反転

●18年2月高値156.61からの下げ30円に対する半値戻し15円の141.50(10/17)までリバウンドの後、138.84(10/24)を安値に、過去3週持ち合いが続いている

●時間面では、英ポンド円は、週足サイクルとして、2つの25-29週(6ヶ月)サイクルからなる52―54週(1年)サイクルが続いている

●この6ヶ月サイクルは、5月/11月を高値、3月/8月を安値とする季節サイクルであるが、

●今回も2月安値140.98(2/15)から27週目と18年8月安値139.87(8/15)から53週目の8/12(126.52が、6ヶ月及び1年サイクルの重要転換週となって上げに転じてきたが、
これが有効なら、

●先週11/5(140.75)まで上げ13週、5/10高値から27週、今週11月第3週(11/11-15)で28週が経過、

時間面は、6ヶ月サイクルの「11月第2週―第4週」の重要な高値の時間帯に入ってきた

●果たして、8/12安値126.52からの反騰は、半値戻りの141円台を突破し、
次なるポイントの、18年2月高値からの下降チヤネル上辺(上値抵抗線)と、200週移動平均が重なる144.41、から145.11(18年2月高値からの下げに対する61.8%戻り)に向け反騰が継続するか、

または、28週―29週(6ヶ月)サイクルトップの今週(1/11-15)ないし来週(11/18-22)が6ヶ月サイクルの重要転換週となって、上昇一服、

次なる6ヶ月サイクルボトムの2月に向け下値を試す調整に向かうか、

●8月以降、ドル円と連動して上げてきた英ポンド円の、今週/来週の値動きに要注目

2019年11月10日

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/51/4a753e6a6bbba31950cf89bd101cf939-1.jpg

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る