元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.11.25

NZドル/米ドル (週足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=15年8月0.6180と19年10月0.6208で二番底形成/反転してきたが11ヶ月(49週)サイクルで上値を止められた「0.6180-0.6463」の攻防を注視=
 

●下記のチヤートは、NZドル(キウイドル)/米ドルの週足である、

キウイドルは、15年8月安値0.6180からの反騰は、0.7555(17年7月)を高値に、
再度、0.6208(19年10月)まで下値を試したが、0.6180(15年8月)は割り込めず、リバウンドしてきた

●当面の注目は、0.6180(15年8月)と0.6208(19年10月)で二番底を確認して、18年からの上値抵抗線の0.6616(11/25現在)を目指す反騰に向かうか、

●0.6180(15年8月)を割り込んで、下げトレンドが継続するのかである

●時間面では、キウイドルは、15年4月以降、高値/安値ともに、2つの11ヶ月(46-50週)サイクルからなる1年10ヶ月(94-97週)サイクルが、重要な中期天底を形成

●今回も、18年12月高値0.6971からの下げは、18年10月安値から11ヶ月(50週)目と、17年11月安値から1年10ヶ月(97週)目で下げ止まり、

その後0.6208(10/1)を安値にリバウンドしてきたが、前回、18年12月高値0.6971から49週(11ヶ月)目の今月11/4(0.6463)で上値を止められた

●果たして、時間面が示唆する18年12月高値から11ヶ月目の今月11月高値0.6463で当面の戻り高値を確認、再度「0.6180(15年8月)-0.6208(19年10月)」を試すのか、

または、チヤート面が示唆する「0.6180-0.6208」で二番底を確認、0.6616(上値抵抗線)突破を合図に、本格反騰が開始するか、

「0.6180(15年8/24)-0.6463(19年11/4)」の攻防が見極めのポイント
 
2019年11月25日
 

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください
 

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/cbf936d1b8d9a04541601286eb00eafe-1.jpg

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る