元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.12.03

NYダウ (週足) サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=11月28000ドル台達成で上昇一服か、20年5-6月に向け30000ドル台に向け更に上値を追うか、12月相場が見極めのポイントに=

●下記のチヤートはNYダウの週足である、NYダウの中期サイクルシナリオには、2つのシナリオがある

●一つは、前回紹介した2つの11ヶ月サイクルからなる1年9ヶ月サイクルシナリオ、(11/29レポート参照)

このシナリオは、19年11月末前後で当面の高値を確認、12月末/1月上旬に向け調整を挟むシナリオ

●今一つは、下記の1年3ヶ月サイクルシナリオである

●NYダウは、週足サイクルとして、2つの1年3-4ヶ月(64-72週)サイクルからなる
2年6-7ヶ月(128-136週)サイクルが存在する、この時間構成が有効なら

●18年12月安値21712ドルを起点とする上げは、
11ヶ月サイクルトップの19年11月で中勢五段上げターゲットの28000ドル台で上げ止まらず、
12月以降も29000ドル台に向け、上値追いが継続する場合

●次なる1年3-4ヶ月(64―72週)サイクルトップと、2年6―7ヶ月(128-136週)サイクルトップが
重なる20年5―6月に向け、中勢一相場6000ドルの六段上げターゲットの30000ドル(30913―31911)にむけ、上昇が継続するシナリオを想定する必要が出てくる

●11ヶ月サイクルシナリオの11月28000ドル台で上昇一服となるか、

1年3ヶ月サイクルシナリオの20年5-6月に向け30000―31000ドルに向け、
さらに上値を追うか、

今週からスタートする12月相場が、2つのシナリオ見極めのポイントになる

2019年12月2日

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/51/277feaf46bf68e85a708038817dd0c5d-1.jpg

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/9711b24dfd6d050b9b6303211379574d-2.jpg

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る