元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.01.14

英ポンド米ドル(日足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=20日サイクルで下離れ始めた、1.3100どころを切り返せず1.2900を割り込むと1/27-29に向け1.2735-1.2551を試す調整入りシナリオを要警戒=
 

●下記のチヤートは、英ポンド米ドルの日足である

●英ポンドは、9/3安値1.1956からの反騰は、1.3515(12/13)まで上げ、18年4月高値1.4376からの下げに対する61.8%戻りを達成してトップアウト、

9月安値1.1956からの上げに対する38.2%押しの1.2902(12/23)まで押しを入れ、その後、200週移動平均(太線)に絡む持合いを形成していたが、

●ついに、下値ポイントの、10月からの上昇チヤネル下限(下値支持線)と200週移動平均が重なる1.3065を割り込み始めた

当面の注目ポイントは、下値は、38.2%押し1.2919と1.2902(12/23)が重なる1.2900処の攻防である、

●時間面では、英ポンドは、8月以降日足サイクルとして、2つの19-22日サイクルからなる40-42日(2ヶ月)サイクルが重要な短期天底を形成してきたが、

この日柄構成が有効なら、1/10高値1.3097を起点とするこの下離れは、最短、次なる40-42日(2ヶ月)サイクルボトムの1/27-29)まで下値余地を残していることになる、

●よって、今後、1.3100どころ「1.3065(200週移動平均)―1.3097(1/10)」の上値抵抗を切り返せず、下値ポイントの1.2900処を割り込んでくると、

●次なる2ヶ月(40-42日)サイクルボトムの1/27-29に向け、1.2735(50%押し)、1.2671(12/13高値1.3515からの下げ一相場0.0613の二段下げターゲット)、
1.2551(同61.8%押し)を順次試す調整入りシナリオを警戒する必要がある、

このシナリオは1.3515を1波トップとして、2波目の下げに向かうシナリオであり、
中期的には次の下げは買い場探しだが、
短期的には,1.3100超えをストップに戻り売りはとなる
 
2020年1月14日
 

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください
 
https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/51/230604498496459b105608104bfeefac-1.jpg

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る