元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.04.20

スイス円(日足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=62日サイクルで再度下げに転じてきた、終値で110.55を明確に割り込むと、4月末(4/30-5/4)に向け下値拡大の公算高まる=
 
●下記のチヤートは、スイス円の日足である、
 
スイス円は、19年10月安値106.74からの反騰は、17年7月高値116.59から19年10月安値106.74までの下げに対する61.8%戻り(114.06)を達成する114.38(1/16)までリバウンドしたが、

18年12月高値114.62は突破できずトップアウト、
200日移動平均(太線)を下限に持合いを形成している

●当面の注目ポイントは、10/4安値からの下値支持線と、3/9と4/2の二度にわたり下り値を止められた200日移動平均(太線)が重なる110.55どころの攻防の一点に絞られる
 
●仮に、110.55どころを日足終値で明確に割り込めば、テクニカル面は再度の弱気転換を確認、
 
次なるポイントの、109.66(3/9)、109.42(1/16高値からの緩やかな下降チヤネル下辺)、更には「107.44-107.96」(18年9月高値118.01からの下げ一相場6円(6.42-6.94)の下値めど)を順次試す可能性が出てくる

●一方、上値は、3/25からの上値抵抗線が当面のポイントだが、波動面からは、112.50(4/9)を切り返さない限り下げ一服は確認されない
 
●時間面では、スイス円は日足サイクルとして、18年以降、高値/安値ともに、3つの55-63日サイクルからなる172-174日サイクルが規則正しい8ヶ月サイクルを形成している、この日柄構成が有効なら、
 
●4/9からの反落は、次なる8ヶ月(172-174日)サイクルの今月末4/30-5/4まで、依然下値余地を残していることになる
 
この時間シナリオが有効なら、当面の戦略は、112.50越えをストップに戻り売り、
(または、終値で110.55クリアーブレイクで追撃売り)となる
 

2020年4月20日
 

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください
 

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る