元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.04.27

NY金(日足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=76.4%戻りおよび長期上値抵抗線が重なる1788ドルまで一気に上げてきた、次なる注目の日柄は今週4月最終週/来週5月第1週(4/28―5/7)=
 

●下記のチヤートは、NY金の日足である

●NY金は、1704ドル(20年3/9)を高値に、1450ドル(3/16)まで急落したが、19年11月安値1446ドルは割り込まずV字反転、

●11年9月高値1920ドルからの下げに対する76.4%戻り1713ドル、および、19年からの上値抵抗線が重なる1788ドル(4/14)まで上値を拡大してきた

●当面の注目ポイントは、1788ドル(上値抵抗線&76.4%)の攻防だが、

●1788ドルを突破すると、次は、1798ドル(12年10月高値)、次に1845ドル(18年8月安値1167ドルからのひと相場399ドルの二段上げTGT)、
更には1920ドル(11年9月高値)に向けた全値戻しシナリオ要警戒となる

●時間面では、NY金は、前回紹介した6ヶ月サイクル(3/16レポート参照)とともに、
今一つ注目すべき日足サイクルに7ヶ月サイクルがある

●NY金は、18年以降、2つの73―85日サイクルからなる150―157日(7ヶ月)サイクルが重要な天底を形成している、このサイクルシナリオが有効なら

●前回、19年9/24高値から150-157日目の今週4/28-5/7は、当面の重要な高値の日柄を迎えることになる

●果たして、3月の急落後のV字反転で、76.4%戻りおよび上値抵抗線まで一気に到達したNY金は、

今週4月最終週/来週5月第1週(4/28―5/7)で、当面の高値を確認するか、または、1920ドル(11年9月高値)に向けた全値戻しの反騰が継続するか

今後2週(4/28―5/7)の上値の攻防が見極めのポイントになる
 

2020年4月27日
 
詳細は下記の添付フアイルをご覧ください
 

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る