元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.02.23

ドル円(日足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=値動きは極端に弱気だが、時間面はドル円/日経ともに10ヶ月サイクルの重要時間帯が経過、両市場の今週の値動きを注視=

●下記のチヤートは、ドル円の日足である。

●ドル円は、1/8高値113.38からの下げは、先週、108円の節目を割り込んで急落、16年6月からの下値支持線(点線)と、かい離バンドの下限が重なる105.52(2/16)まで下げてきた、長期レンジを下離れたドル円は、極めて弱気に傾いてきた。

●時間面は、既報の通り、日足サイクルとして、2つの5ヶ月(104-116日)サイクルからなる10ヶ月(207-220日)サイクルが、重要な天底を形成、この日柄が有効なら、

先週、2/16(105.52)は、9/8安値107.29からの116日目と、4/17安値108.10からの220日目が重なる、10ヶ月サイクルの重要な安値の日柄となる。

●果たして、ドル円/日経平均共に、先週、日経平均2/14(20950)、ドル円2/16(105.52)が、10ヶ月サイクルの重要転換日となって、当面の下値を確認するか(2/15日経平均レポート参照

●または、105円をホールドできず、このまま次なるビッグターゲットの100円に向け続落するか。

●10ヶ月サイクルボトムの重要時間帯が経過したドル円/日経平均の、今週の値動きに要注目。

2018年2月19日

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください。

本記事は新イーグルフライから抜粋したものです。

img

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る