元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.05.28

ドル/カナダ(週足)サイクル分析

著者:伊藤 寿彦


=33週(8ヶ月)サイクルで再度リバウンドし始めた、「1.3033-1.3118」の上値抵抗ゾーンの攻防を注視=

●下記のチヤートは、ドル/カナダの週足である。

ドルカナダは、17年9月安値1.2064から、0.0856/0.0873の二段上げで1.3118(3/19)まで上げた後、1.2546(4/7)まで押しを入れ、1.2546(4/17)からのリバウンドは、再度、16年1月高値1.4686からの長期上値抵抗線に接近する1.2988(5/25)まで上げてきた。

●当面の注目ポイントは、1.3033(5/28現在の長期上値抵抗線)の攻防である、同レベルを終値でクリアーに突破するとテクニカル面は強気シグナルが点灯、最終ラインの1.3118(3/19高値)を試す、1.3118突破で、上げ一相場800ポイント(0.0856/0.0873)の三段上げターゲット「1.3402-1.3419」に向け上値余地が開ける。

●時間面では、ドル/カナダは、16年以降、週足サイクルとして、2つの17週±1週(4ヶ月)からなる34週±1週(8ヶ月)サイクルが続いているが、この時間構成が有効なら、前回、1/31安値1.2245から先週5/22安値1.2745まで17週、10/12安値から33週、今週で34週が経過。時間面は、4ヶ月と8ヶ月サイクルボトムが重なる重要な安値の時間帯を迎えていることになる。

●この時間シナリオなら、5/22安値1.2745を起点とする反騰は、仮に、「1.3033(5/28現在上値抵抗線)-1.3118(3/19)」の上値抵抗ゾーンを突破すると、次なる8ヶ月サイクルトップの、8月に向け、上げ一相場800ドルの三段上げの1.34台に向けたカナダ安/ドル高相場に発展する可能性が出てくる。

●NY原油の下げとともに、再度売られ始めた資源通貨カナダドルの、
次の一手に注目したい。

2018年5月28日

詳細は下記の添付フアイルをご覧ください。

本記事は新イーグルフライから抜粋したものです。

http://www.pro-fx.info/ef/pic180522-16.gif

 

伊藤 寿彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る