元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.03.25

3月14日の採決結果

著者:松崎 美子


この日は合計6つ(1つ、キャンセルで最終的に5つ)の採決が行なわれました。

https://publications.parliament.uk/pa/cm201719/cmagenda/OP190314.pdf

①  修正案 H  ワラストン議員(保守党を離党して、現在Independent Group)
Line 1, leave out from “House” to end and add “instructs the Prime Minister to request an extension to the Article 50 period at the European Council in March 2019 sufficient for the purposes of legislating for and conducting a public vote in which the people of the United Kingdom may give their consent for either leaving the European Union on terms to be determined by Parliament or retaining the United Kingdom’s membership of the European Union.”.
2度めの国民投票を実施するため、EU基本条約50条の延長を3月21日からのEUサミットで要請する

賛成 85 vs 反対 334 、 249票差で否決

この修正案では、労働党のほとんどの議員が、棄権しました。2度めの国民投票実施は労働党の基本方針ですが、党としてはこれについてはもう少し時間をかけて、最高のタイミングを狙いたいという見解を示しており、今回は反対票を入れず敢えて棄権を選択したそうです。

②  修正案Iの修正案 労働党パウエル議員
修正案Iの内容に、交渉期間延長期限を6月30日とする

賛成 311 vs 反対  314 、 3票差の僅差で否決

③  修正案 I  労働党ベン議員:英下院Brexit委員会議長
Line 4, leave out from “article 50 (3)” to end and add: “to enable the House of Commons to find a way forward that can command majority support;
2. orders accordingly that on Wednesday 20 March –
(a) Standing Order No. 14(1) (which provides that government business shall have precedence at every sitting save as provided in that order) shall not apply;
(b) precedence shall be given to the motion specified in paragraph 3;
(c) the speaker shall interrupt proceedings on any business before the motion specified in paragraph 3 at 1.30 pm and call a member to move that motion;
(d) debate on that motion may continue until 7.00 pm at which time the Speaker shall put the questions necessary to dispose of proceedings on that motion including the questions on amendments selected by the Speaker which may then be moved; (
e) any proceedings interrupted or superseded by this order may be resumed or (as the case may be) entered upon and proceeded with after the moment of interruption; and
3. the motion specified in this paragraph is a motion in the name of at least 25 members, including at least five members elected to the House as members of at least five different parties, relating to the business of the House on a future day or days in connection with matters relating to the United Kingdom’s withdrawal from the European Union.
来週水曜日(3月20日)とそれ以降、今後のBrexitの行方を決定するために、Indicative Voteについて審議を行なう。Indicative Voteをする時間を作るためにも、交渉期間の延長が必要。(延長期限については、設定なし)

賛成  312  vs 反対 314  、 2票差の僅差で否決

Indicative Voteが賛成多数で可決されれば、今後のBrexitの決定権が政府から議会の手に移ることを認める内容ですので、与党保守党は何があっても反対しなければいけない内容でした。

④ 修正案 E  労働党コービン党首
“(2) notes that this House has decisively rejected the Withdrawal Agreement and Framework for the Future Relationship laid before the House and the proposition that the UK should leave the European Union without a Withdrawal Agreement and a Framework for the Future Relationship; and (3) therefore instructs the Prime Minister to seek an extension to Article 50 in order to avoid exiting the EU on 29 March without a ratified Withdrawal Agreement and a Framework for the Future Relationship; and to provide parliamentary time for this House to find a majority for a different approach.
議会は、メイ首相がEUと合意した離脱案と合意なき離脱について、反対する。そのため、首相はEU基本条約50条の交渉期間延長をEUに要請し、3月29日に合意なき離脱(議会で批准された正式なBrexit案以外の方法で)となることを禁止し、今後の離脱方法について協議することを承認する

賛成  302 vs 反対 318 、 16票差で否決

⑤  修正案 J  労働党ブライアント議員
メイ首相が3度目の本採決(Third Meaningful Vote)を行なうことを認めない

直前でキャンセルされました。

⑥ メイ政府案 「EU基本条約50条の延長」
(1) notes the resolutions of the House of 12 and 13 March, and accordingly agrees that the Government will seek to agree with the European Union an extension of the period specified in Article 50(3); Thursday 14 March 2019 OP No.267: Part 1 Business Today: Chamber 7 (2) agrees that, if the House has passed a resolution approving the negotiated withdrawal agreement and the framework for the future relationship for the purposes of section 13(1) (b) of the European Union (Withdrawal) Act 2018 by 20 March 2019, then the Government will seek to agree with the European Union a one-off extension of the period specified in Article 50(3) for a period ending on 30 June 2019 for the purpose of passing the necessary EU exit legislation; and (3) notes that, if the House has not passed a resolution approving the negotiated withdrawal agreement and the framework for the future relationship for the purposes of section 13(1)(b) of the European Union (Withdrawal) Act 2018 by 20 March 2019, then it is highly likely that the European Council at its meeting the following day would require a clear purpose for any extension, not least to determine its length, and that any extension beyond 30 June 2019 would require the United Kingdom to hold European Parliament elections in May 2019

英国政府は3月20日までにメイ首相のBrexit案を承認すれば、EUに対し交渉期間の延長を要請する。この延長は、1度限りであり、期間は2019年6月30日までとする。延長目的は、離脱法案の準備や批准作業となる。
もし、英国議会が3月20日までにBrexit案を承認できなければ、3月21日からのEUサミットで期間延長に対するきちんとした目的を聞かれるだろう。当然であるが、6月30日を越える期間の期間延長となれば、英国も5月の欧州議会選挙に参加する必要が出てくる。

賛成  413 vs 反対  202 、  211票差で可決

(議会の採決結果では、賛成票 412票と発表されましたが、数え間違いが発覚したようで、1時間後に、賛成 413票に訂正されました)

この採決では、メイ政権の重量級の閣僚達の間で、反対票を入れた人たちがかなりいたそうです。そして、反対 202票のうち、188が保守党議員によるものでした。この188という数字は、保守党議員の半数以上ですので、合意なき離脱でも構わないので、とにかく3月29日に離脱したいという意思表示ですね。

松崎 美子

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る