元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.04.01

3月25日夜に実施された修正案採決の結果

著者:松崎 美子


つい先ほど、採決が終了しました。さすがに、夜10時からは、疲れます・・・・

***  修正案 D: 労働党コービン党首
政府は、今週中に、Indicative Voteを実施するのに十分な時間の確保し、議会が何を望んでいるのか、はっきりさせる。この中には、労働党が提案する①関税同盟への残留 ②2度めの国民投票の実施 ③コモンマーケット2(ノルウェー+案) が含まれる

→→→  採決されず

①  修正案A: 保守党レトウィン卿と超党派
今週水曜日に、数々のIndicative Voteを実施。これを通じて、Brexit案決定のプロセスを、政府から奪う。

→→→ 賛成 329  反対 302   27 票差で可決
https://twitter.com/HouseofCommons/status/1110312710602932225

本日の修正案で、最も注目を集めていたものです。この修正案が可決してしまうと、Brexitに関する決断をするのが、メイ首相ではなく議会に移ってしまうため、保守党は党議拘束をかけました。

結局、閣僚を含む3名が辞任。

27票差で可決となりました。これを受け、Indicative Voteを今週水曜日に正式に実施することが決定。このVoteにより、2度めの国民投票やEU基本条約50条の破棄などが、賛成多数となる可能性がゼロではないことを好感し、ポンドが上昇。

ただし、政府が直前になり、「Indicative Voteに法的拘束力をつける。」と発表しない限り、このVote結果には法的拘束力がないため、どういう結末を迎えるのかは、実際にやってみないと誰にもわかりません。

*** この修正案に投票した各党の議員数は、以下の通り

【賛成  329票】
労働党 232
スコットランドSNP党 34
保守党 30  ← 30人の保守党議員が党議拘束を無視して、賛成票を投じる
自民党 11
Independent Group 11
無所属 6
その他 5

【反対   302票】
保守党  281
DUP党 10
労働党 8
その他 3

*** この決定を受け、政府が発表したコメント
「It is disappointing to see this amendment pass, as the government made a clear commitment to provide a process to find a majority in parliament for a way forward this week.
This amendment instead upends the balance between our democratic institutions and sets a dangerous, unpredictable precedent for the future.
While it is now up to parliament to set out next steps in respect of this amendment, the government will continue to call for realism – any options considered must be deliverable in negotiations with the EU. Parliament should take account of how long these negotiations would take, and if they’d require a longer extension which would mean holding European parliamentary elections.

修正案Aが可決し残念に思っている。この修正案は民主主義的決断をひっくり返す危険性のあるもので、将来の不透明感を増すことになるだけだ。

この修正案の可決を持ち、Brexitの次の一手を決定するのは議会となるが、政府はEUの交渉に適している内容であるかを、決断しなければならない。政府は今後の交渉にどのくらい時間がかかるかを測り、必要であれば、交渉期間の延長を申請しなければならないかもしれない。当然であるが、その場合、英国は欧州議会選挙に参加することを意味する。」

② 修正案F : 労働党ベケット議員
政府は英国が合意なき離脱以外の選択がなくなると判断する7日前までに、議会で合意なき離脱か、他のアプローチを協議するため期間延長かを問う採決を実施すると約束する。

→→→ 賛成 311  反対 314   3票差で否決

ということで、今週水曜日は熱い1日となりそうです。

松崎 美子

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る