元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.07.16

臨時EUサミット

著者:松崎 美子


明日からの臨時EUサミットですが、2021/27年の中期予算案と、そこに含まれるEU復興基金について協議します。
 
EU復興基金が合意するかどうかは、個人的にまだ50/50のような気がしています。
https://www.consilium.europa.eu/en/meetings/european-council/2020/07/17-18/
 

*** 合意なし
もし明日、合意できなくても、個人的には特に失望はしません。メルケル首相も、「夏の終りまでに合意できれば嬉しい」というような発言をしており、明日のサミットだけで合意となるとは、出席する各国の代表は誰も予想していないのかもしれません。

しかし、ちょっと懸念を感じるとすれば、サミット終了後のコミュニュケや記者会見などで、進捗状況を発表しない場合や、「次の臨時サミット」の可能性を口にしないようなことになれば、「大丈夫かな?」と思います。

言い換えれば、合意はしないが、それなりに前に進んだので、次のサミットで一気に行こう!というセンチメントであれば、次のサミットの日程を発表するのではないでしょうか?
 
 

*** 妥協案
オランダ・オーストリア・デンマーク・スウェーデン。
この反対4ヶ国と、賛成国との間で、「大人の妥協」をすることは、十分に可能でしょう。添付したチャートの一番下に「妥協案」を加えました。

どの報道だったか忘れてしまいましたが、どこかの国が、最初は現金支給して、1年後に見直しをして、その国の取り組み姿勢に不満があれば、融資に変更するという意見を出していました。

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/fbebc8a3808ae1cf0f3013a6fbeea5d8-1.JPG

松崎 美子

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る