元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.11.18

ドル円1時間足分析:スパンモデルスペシャルによる総合的な判断

著者:柾木 利彦


添付チャートは、ドル円1時間足スパンモデルスペシャルをスパンオートシグナル(https://www.xfine.info/sauto/ ) で表示したチャートです。

尚、チャートは、スーパーボリンジャー、スパンモデルの全てのラインを表示した、フルバージョンのスパンモデルスペシャルです。

まず、スーパーボリンジャーについては、現在、本格上昇トレンド局面にあると判断できます。

すなわち、
1)遅行スパンが陽転していること、
2)終値が+1σラインの上方を推移していること、
3)バンド幅が拡大傾向にあること、
等々です。

今後、終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まる点、注意しておきたい場面です。

一方、スパンモデルについては、現在、買いシグナルが点灯していますが、逆行パターンの売りサインが点灯しています。

チャート内、青色四角が出現しているところが、買いシグナル点灯してからの猶予期間中の動きです。

シグナル点灯時に、終値が+2σラインと+1σラインの間にあったことで、売りのサインが点灯していたことが見てとれます。

また、赤色スパンについては、順行の売りサインが点灯中です。

尚、赤色スパン陰転時の猶予期間中につけた安値水準である108.90円近辺は、現在、上値レジスタンスとなっています。

要するに、価格要素をより重視するスーパーボリンジャー上は、現在、引き続き、本格上昇トレンドを示している一方で、時間要素をより重視するスパンモデル上では、売りサインが点灯しています。

したがって、現在、スーパーボリンジャーにて、終値と+1σラインとの位置関係は特に注視したい場面です。つまり、終値が+1σラインを下回って引けると、より反落しやすくなります。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

 

柾木 利彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る