元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.12.09

ユーロドル1時間足:スーパーボリンジャーによる大まかな判断方法について

著者:柾木 利彦


添付チャートは、ユーロドルの1時間足スーパーボリンジャーです。

現在、ユーロ本格下落トレンド局面にあります。

判断理由は、
1)遅行スパンが陰転していること、
2)終値が-1σラインの下方を推移していること、
3)バンド幅が拡大傾向となっていること、
などです。

今後の最大の注目点は、終値と-1σラインとの位置関係です。

すなわち、終値が-1σラインの下方を推移するかぎり、本格下落トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの上方で引けると、調整の反騰局面入りする展開がメインシナリオとなります。

その場合、最初の戻りターゲットはセンターラインとなります。

そして、終値がセンターラインの上方で引けると、調整が本格化し、最終的な戻りターゲットは、+2σラインとなります。

一方、終値がセンターラインに抑えられ続けると、緩やかな下落トレンドに入るというシナリオになります。

要するに、終値とセンターラインとの位置関係を注視したい場面に変化することになります。

このように、終値と各σラインとの位置関係を都度チェックすることにより、シナリオを想定しながら、そのシナリオに沿って、ポジション操作することになります。

以上、あくまで、スーパーボリンジャーだけを使った相場の大まかな判断を行う際の要点に関して簡単に触れましたが、ポジション操作の方法・説明については、ここでは控えます。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

 

柾木 利彦

>> 著者ページはこちら

新着情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る