元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.06.08

ドル円日足:スーパーボリンジャーによるトレンド判断

著者:柾木 利彦


添付チャートは、ドル円の日足スーパーボリンジャーです。

四角枠内をご覧の通り、現在、ドル本格上昇トレンド局面にあります。

本格上昇トレンド局面にある判断理由は、
1)遅行スパンが陽転していること、
2)終値が+1σラインの上方を推移していること、
3)バンド幅が拡大傾向となっていること、
4)初動にて、終値が+2σラインを上回ったこと
等々です。

特に、現在、終値が+2σラインの上方を推移しており、本格上昇トレンドの中でも、特に勢いのある「走る相場」となっていることが確認できます。

今後の注目点は、終値と+1σラインとの位置関係です。

すなわち、終値が+1σラインの上方を推移するかぎり、本格上昇トレンド継続となる一方で、終値が同ラインの下方で引けると、調整の反落局面入りする可能性が高まります。

終値が確定する時点で、終値と+1σラインとの位置関係をチェックすることが重要です。

すなわち、ひげ(つまり、ザラ場の動き)が+1σラインを下回るだけで調整反落局面入りしたと判断するのは時期尚早、早合点となります。

尚、現在は、「走る相場」となっていることから、まずは、終値と+2σラインとの位置関係を注視したい場面です。

ところで、今後、反落する場合の条件として、1日前の安値をブレイクすることもチェックポイントして大事です。

時間的にはピークアウトしやすい時間帯に入っていますが、前日の安値をブレイクしてはじめて、反落の条件を満たすことになります。

 

★★より詳しい解説等は、
マーフィーの実践トレードコーチング
を参考にされてください。

 

★★添付チャート内のスパンモデルは、スパンオートシグナルで表示したものです。スパンオートシグナルのご紹介、および、ご購入用ページはこちらです。http://www.xfine.info/sauto/

 

★★マーフィー流FX
「実践トレードコーチング専用」ライン@のご紹介です。
こちらより無料登録できます。https://www.span-model.com/line/

 

エフピーネット株式会社は、関東財務局に投資助言・代理業として登録されている投資・トレードのアドバイスとスクールの会社です。
関東財務局長(金商)第1898号
一般社団法人日本投資顧問業協会会員番号 第012-02773号

柾木 利彦

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る