元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2014.11.11

解散総選挙と 114.20 円

著者:西原 宏一


昨日からメディアを騒がせているのが解散の可能性。

首相帰国後、早期の解散案浮上…与党容認の構え
安倍首相は10日、消費税率の10%への引き上げを先送りする場合の衆院解散・総選挙の日程について、早ければ、一連の外交日程を終えて帰国する17日から数日以内に解散する方向で検討を始めた。

 18日前後に解散を表明し、19日ごろに解散する案が浮上している。衆院選は、「12月2日公示・14日投開票」を軸に調整している。「9日公示・21日投開票」とする案もある。与党は、早期解散を容認する構えだ。
 首相がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議など一連の外交日程を終えて帰国する17日には、7~9月期の国内総生産(GDP)の速報値が発表される。政府が増税の是非について有識者の意見を聞く「点検会合」は、18日に終わる。
 首相は同日、政府・与党に新たな経済対策を指示し、仮に衆院解散に踏み切っても「政治空白」が生じないようにする考えだ。来年10月の消費税率10%への引き上げが困難と判断した場合、1年半先送りして2017年4月から引き上げる案が有力だ。

出所 読売新聞

先週まで、解散に関しては、可能性としてかなり低かったのですが、昨日読売新聞が報道してからにわかに可能性が高まってきました。

解散総選挙は消費税増税の先送りになります。
これは株にとってpositiveというのがコンセンサス。

ただ消費増税を側面で支援するために、黒田総裁がバスーカ2を放った理由のひとつですので、こちらの足並みが揃っているのかは不明で
これがマーケットに不透明感を漂わせています。

円安の流れは変わりませんが、解散総選挙の報道が、volatilityをあげる要因となるため、dipも想定より深めにとっておいたほうがいいかもしれません。

金曜日のNFPは好結果だったのですが、ドル円は利益確定売りに押され、115.58円に到達後、昨日113.86円まで反落、そして本日再び115.00円に到達するという乱高下。

今年はNFP後にドル円はいったん高値をつけるというパターンが多かったため、NFPが利益確定のきっかけに使われているのでしょう。

ドル円はバズーカ後の急騰が激しかったため、115~116円はちょっと上値が重い展開。

NFP発表時にカウントダウンを点灯し、反落。
risk levelは116.97円となっており、短期のdemark的にはいったん売りサインが点灯している形。

ただ日足レベルでの円安の流れは変わってないと考えているため、buy on dipは変わらず。

本日の年金と思われるbidは114.20円から並んでいる模様。(~続く) 

西原宏一のシンプル FX トレード会員になるとメルマガ、掲示板でご覧いただけます。

西原宏一が実践的なリアルタイム情報をメルマガと会員限定掲示板にて提供中。
まずは10日間無料お試し登録

西原 宏一

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る