元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2014.11.21

麻生財務相の円安けん制発言

著者:西原 宏一


麻生コメントの後のドル円の安値は117.36円。
現在のドル円は117.60円で推移。

本日は日経平均も軟調に推移していることから、後場は日銀によるETF買いの可能性が高まります。
加えて、前場は静観していた本邦の機関投資家も円売りにでてくる可能性も。

添付図は以前もご紹介したドル円の日足。
カウントダウンを終了して調整の可能性を示唆。(まだdownsideにprice flipはしていません)
macd predictor(ピンクのライン)が117.39円に位置しています。

日足なのでNYクローズベースで考える必要があるのですが、ザラバでも117.39円を割り込んでくると
調整が深くなる可能性が高まります。

先ほどの麻生コメントで牽制されたこともあり、年内は当初の予定どおり120~121円近辺がいいところなのかもしれません。

東京が3連休を控えているため、今週月曜と違って買い下がったドル円のロングは反発局面で減らして、極端にリスクを上げないようにしています。

もうひとつ気になるのがユーロ。

友人から教えてもらった話ですが、前回のG20でプーチンが離席した話題。
メルケルがウクライナ問題で提案した内容が、プーチンには気にいらなかった模様で
プーチンが離席したわけですが、この問題をヘッジファンド勢はかなり気にしている模様。(~続く) 

西原宏一のシンプル FX トレード会員になるとメルマガ、掲示板でご覧いただけます。

西原宏一が実践的なリアルタイム情報をメルマガと会員限定掲示板にて提供中。
まずは10日間無料お試し登録

西原 宏一

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る