元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2014.12.08

本田悦朗内閣官房参与のコメント

著者:西原 宏一


本日の日経平均は、15円高の17,935円でfinish.
売買代金は2兆4200億円とまずまず。

ただ18,000円台をキープできなかったという相場展開。

先週の金曜日にドル円がbuying climaxを迎えたような急騰を見せた要因のひとつが、本田悦朗内閣官房参与の下記のコメント。
「今の円安は想定以上の速さ」
「来年の終わりには物価上昇率2%近傍に行く」
「130円や135円などこれ以上円安にならない」
「今の為替の水準は日本経済にとってプラス」
加えて、
「政策は財政ファイナンスに近い状態だがそれが悪いことだとは思わない」。。

ある意味そういう状態なのですが、それが悪いことだとは思わないということまではいわなくても
良かったのではないかという印象。

マーケットが反応したのは、130円という数字がでてきたことでしょうか?

東京市場では、堅調に推移していたドル円ですが、欧州市場に入ると上値が重くなり、じり安。

現時点では、120.85円で推移。これまでの安値は120.77円。

既報の年金のbidは120.50円から。
そしてダブルバズーカ以降のドル円は2円以上の調整をみていないことから
120円割れでは、一度ロングにする予定ですが、上記の本田さんのコメントの影響もあり
本日つけた高値の121.85円は短期的に少々top outの印象。

どちらかというと120円近辺まで反落して、その辺りでどの程度のドル買いがでるのか
確認したいところ。(~続く) 

西原宏一のシンプル FX トレード会員になるとメルマガ、掲示板でご覧いただけます。

西原宏一が実践的なリアルタイム情報をメルマガと会員限定掲示板にて提供中。
まずは10日間無料お試し登録

西原 宏一

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る