元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.11.14

イタリアの現状再点検、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


【端的に、イタリアの置かれている現状は金利水準から判断すれば、引き締めが進行している状態。経済が好転するはずはなく、欧州全体の足かせ、ユーロ売り要因でしょう】

現在ECB(欧州中央銀行)は量的緩和を継続、金利の低め誘導を継続していますが、今イタリアに何が起こっているか少し考えてみます。

5月以降のイタリア国債市場の混乱で、資金流失からイタリア国債が売られ金利(流通利回り)が上昇している程度はすでに申し上げています。

ここで眼を2年債に向けその変動を追ってみます。

年初-0.187%であったイタリアの金利は、現在1.273%へと急上昇、欧州の経済の優等生ドイツでは同様に-0.609%が-0.635%へと低下しています。

ECBの緩和が、欧州のなかでも特に景気の良いドイツでは効きすぎ、イタリアには全く効いていません。

むしろ、イタリアが現在置かれている状況は、『複数回の利上げが実施された後の引き締めがかなり行き渡った状況』となります。

これでは経済が好転するどころか、国家全体で金利の負担にあえぐ状態ですので、ユーロ全体(無論、通貨であるユーロも)でみても、景気絶好調の米国に勝てるはずもありません。

単刀直入に、不等号で米国>欧州の構図は当面揺るがず、通貨間の優劣は明々白々でしょう。https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/0001f67c45320ee1a65c6912fd0bd273-1.jpg

※今週(今後)の動画、トレードポイント詳細等はSmartLogicFX で公開しています。

 

(注意)当記事はSmartLogicFX から抜粋して掲載しております

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る