元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.12.11

昨日の動きレビュー、利下げの織り込み進捗はドル売り要因、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


【昨日ダウは日中の下げ幅を全て埋めていますが、金利の市場では静かに利下げの織り込みが進行、昨日中盤以降のドルの買い戻しは、新規材料ではなく単なるショートカバーと認識しています】

昨日の為替市場の動き、端的に前半ドル売り、後半ドル買い、英国メイ首相から「EU離脱案の議会採決の延期を正式決定」と報じられドル買いのクライマックスとなりました。

ダウがザラ場で500ドルの下げ、引けにかけこの下げ幅を全て埋めたことで一定のセンチメントの改善にはつながっています。

ただVIX指数(別名恐怖指数)をみた場合、依然市場安定には程遠く、その値は20を上回ったままで、年初来でも高水準域、7日移動平均でも再上昇過程にあります。

このVIX指数と通貨「円」には相関があり、VIX指数の上昇は円の上昇と親和性が強いといえます(VIX指数の画像あり)。

ここにきて指摘されだした「米景気減速」ですが、金利の市場では徐々にその動きを織り込みつつあり、2020年単年でみても「利下げの織り込みが強まって」きています。

単刀直入に『利下げは通貨ドルの魅力低下』、結果、ドル単体の売り要因です。

今後を見据えた場合、この利下げの織り込みの解消が進まない限り、ドル買いへの回帰は厳しいと判断しています。

(利下げの織り込みの推移の画像あり)

 

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/23416ef342f757aeec7171ad5f6a0343-1.jpg

 

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/23416ef342f757aeec7171ad5f6a0343-2.jpg

 

 

※今週(今後)の動画、トレードポイント詳細等はSmartLogicFX で公開しています。

 

(注意)当記事はSmartLogicFX から抜粋して掲載しております。

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る