元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.04.15

GW10連休早めのプレビュー、日米2年債金利差、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


【こう着が続く為替市場、特にUSDJPYがその様相を強めますが、細部に目を転じると下向きの準備が着々と進みます。日米の2年債の金利差からも割高を確認、一旦ショートとしました】

昨日のUSDJPYの一日の値幅も45銭程度、日本では今月末から10連休をむかえるわけですが、現在の為替市場での細部を少し点検してみたいと思います。

リスクオフの局面が強まると、為替市場、特にオプション市場では下向きの需要(この場合は、ドルプット)が急拡大、上向きの需要を大きく上回ってきます。

こちらを計測するには、(期間1か月で)リスクリバーサルという指標を活用することになります。

USDJPYが年初来の高値112.13をつけたのが3/5、その3営業日後の3/8に安値110.75まで売られ、引けでは111.18でした。

現在USDJPYはこの水準(111.18)を30銭程度上回る水準で推移していますが、リスクリバーサルは、この3/8の水準をやや超えて推移しています。

昨日、日経平均株価が年初来高値を更新後に反落と、1/3のフラッシュクラッシュ以降の回復は継続していますが、市場の細部には下向きへの準備は着々と進行しています。

金利の市場に目を転じた場合、政策金利の動向を色濃く反映する2年国債の金利差とUSDJPYには一定の相関が存在します。

金利差2.505%を用い、現在の相関式(y=6.4848x+93.492)から導かれるUSDJPYのフェアバリュー(整合的な水準)が109.736ですから、こちらの水準比、スポットのレベルがかなり割高で推移していることになります。

■トレードポイント

●USDJPY☆☆☆

ショート

●EURGBPのオプション、期日(満期日)4/10

EURプット/GBPコール、権利行使価格0.8600、買い

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/1e6e19ac4f0138ba06271108b3a926e0-1.jpg

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る