元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.06.18

米経済指標、モルガン・スタンレーの見通し

著者:竹内 のりひろ


【昨日発表の米国のNAHB指数、NY連銀製造業景気指数は共に予想を下回り、
再度景気の減速が確認されています。
米大手金融モルガン・スタンレーが米経済に対し衝撃的な見通しを公開、
政策金利のゼロパーセントへの下げや株価の下落を予想しています】

 
昨日の東京時間より、米国の10年債の金利はFOMC前の調整ということもあり、
おおむね2.1%超えの水準で推移、USDJPYも108.52/72のレンジ内で小動きが継続していました。
 
欧米時間に入り、ECBフォーラムの開会でのドラギ総裁のスピーチは欧米の投資家には
注目度は高かったようですが、金融政策への言及はありませんでした。
 
今週はFOMCの注目度が高すぎますが、米国時間に入り昨日発表の
6月NY連銀製造業景気指数は予想を大きく下回る-8.6へ悪化、
2016年2月以来、3年4か月ぶりの水準へと落ち込んでいます。
 
その後に発表されたNAHB(全米建設業協会)住宅市場指数も予想を下回る64、
昨年11月より8か月連続して前年の数値を下回っています。
 
チャートは下段より確認いただけます↓
 
経済指標のなかでは、このどちらもソフトデータ、つまり「景気の先行指標」、
米10年債も再度2.1%割れの水準へと低下、ただ市場の反応はFOMC前でもあり緩慢です。
 
米大手金融モルガン・スタンレーは顧客向けのレポートのなかで、
米中の貿易戦争の結果、米経済が2020年にリセッション(景気後退)に陥るとしています。
 
この結果、FRBは2020年春までに政策金利であるFF(フェデラルファンド)金利をゼロパーセント
(現在、2.5%)近くに誘導、米ドルは景気刺激策から当初は高値追い、その後は下落としています。
 
米株もS&P500で2400までの下落を予想(昨日の引け比、約17%安)、
とかなり悲観的な見方を披露してきました。
 
戦後最長の景気拡大が続き、今月で120か月目、つまり丸10年が経過しようとしていますが、
上述のように減速の芽が徐々に見え始めています。
 
中国国営の新華社通信は、6/28-29のG20大阪サミットの前に
「習国家主席が6/20-21の日程で北朝鮮を公式訪問」と伝えています。
 
米国をけん制する狙いが透けます。

 

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/276f5e83266a5da90b04d0fd8572c3e4-1.jpg

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る