元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.06.25

米国はイランへの追加制裁を発表、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


【トランプ大統領がイランへの追加制裁を発表。USDCHFで静かに米ドル安が進行、市場の底流でしょう。
この先の米国の利下げの織り込みがさらに進むなか、米ドルの戻りをさらに限定的としています】
 
目立った経済指標やニュース等ないなか、米国時間に入りUSDJPYが
昨日高値107.54を示現する場面がみられましたが、
その後は再度米金利低下から107.25までの反落となっています。
 
この動きのなかで、トランプ大統領「イランに追加制裁、
最高指導者ハメネイ氏も対象に米国内の資産凍結へ」と発表しています。
 
米株を筆頭に、昨日上伸したAUDUSD(+0.51%)やNZDUSD(+0.41%)も
この時間以降は伸び悩んでいます。
 
一方でUSDCHF(-0.44%)では静かにCHF買いが進行、
米-イランの緊張の高まりや、米金利の低下を受けた影響でしょうが、
昔からUSDCHFの動きこそ市場の底流といわれています。
 
足元でここからの米国の利下げ、2019年末まで2.96回、
2020年末では4.4回を織り込み、さらに7/31のFOMCでは50bp(0.50%)の
利下げを42.6%(25bpは57.6%)も織り込んでいます。
 
この金利の動き、米ドルの戻りをさらに限定的としています。
 
本日は26:00よりFRBパウエル議長の講演がNYで予定されている程度で
目立ったイベント等はありません。
 
米ドルの戻り売り方針は変わらずです。

 

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る