元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.07.09

金利見合いの一日、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


昨日の東京時間は、先週の米国の雇用統計の結果がやや強めにでたことで、この先の緩和期待が後退、アジア株が全面安となるなか、上海株は引けでは-2.58%安で引けています。

日経平均先物9月限もザラバでは21460円まで下値を拡大、為替市場では円買い優勢の展開のなか、USDJPYは午後に入り昨日安値108.28を示現しています。

欧米時間に入り発表となったドイツの5月の鉱工業生産は前月比では+0.30%と市場予想通り、ただ前年比では-3.7%を記録するネガティブ・サプライズとなりました。

為替市場ではややユーロ売り優勢の展開のなか、EURUSDで一旦1.1220の安値をつける場面がありました。

週末に1.8万人の行員削減を発表したドイツ銀行は、寄付きから買い先行で取引を開始(引けでは-6.1%)、一時的なセンチメントの改善からユーロは買い戻されEURUSDで1.1234の昨日高値を示現しています。

ただこうした動きは続かず、アジア時間に下げ幅を拡大していたダウ先物が反発に転じ、米金利が上昇となりました。

為替市場では、米国時間にかけて米ドルを買い戻す動きが継続、USDJPYで昨日高値108.81、EURUSDでは同安値1.1207を示現しています。

こうした一連の動きのなかで、このところのさえない欧州の経済指標の結果を受け、ECBのクーレ専務理事より「量的緩和の再開」に向けた発言があったこともこの動きを後押ししています。

一日を通じてみますと、主要通貨に対し米ドル買いが進行したことになりますが、最弱通貨はCHFで前週末比では下落幅は-0.27%にとどまり、小動きの日を終えています。

本日は、21:45よりボストン連銀主催のカンファレンスのなかで、FRBパウエル議長の講演が予定されており一応マークしておきます。

■トレードポイント

昨日一日でみますと、米金利はやや上昇していますが、継続的な上昇に至るとはみていません。

米ドルの上昇局面ではさらに売り増したいところです。

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る