元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.10.15

要人発言、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


【英国のEU離脱関連報道から英ポンドは右往左往、短期的にやや調整局面入りとの見方。米中協議の第1弾の合意、10/15の関税引き上げ回避は好材料、ただその賞味期限は短時間と予想】
 

昨日は欧州時間に入り、新会期の開幕を迎えた英議会でエリザベス女王が演説、「10/31にEUから出ることを優先してきた」とジョンソン政権の方針を確認する場となりました。
 
匿名のEU高官から「ジョンソン首相が離脱案の議会承認を得られるか確信ない」との報道もあり英ポンドは反落、GBPUSDで昨日安値1.2516、GBPYJPYでも同135.50を示現しています。
 
その後に英ポンドは反発局面もありましたが、フィンランドのリンネ首相から「EU首脳会議前にブレグジット合意に至るには時間不足」との発言もあり戻りは限定的となりました。
 
米国ではコロンブスデーで債券市場が休場、中国から第1弾の合意署名を前にさらなる交渉をのぞむとの報道もから、USDJPY、クロス円が反落となりましたが、この動きは続きませんでした。
 
米ムニューシン財務長官から「中国との第1弾の合意は重要。中国との第1弾の署名に向け協力」との発言からダウはマイナス圏からプラス圏へ、USDJPYも反発、戻り高値108.45をつけ引けています。
 

米中第1弾合意となっても今月末のFOMCでの利下げ見通しは変わらず、2019年末までも依然1.10回の利下げを織り込み、USDJPYの整合値は107.175と1円強スポットが割高で推移しています。
 
毎度ながら、このギャップは利下げ織り込みの解消またはスポットの下落により埋められると読みます。

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る