元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2019.10.21

今週の展望

著者:竹内 のりひろ


昨日、英国EUで取りまとめた新離脱案の議会採決は見送り、今朝にはEUのトゥスク大統領が「英国から離脱期限の延期申請を受理、どう対応するか協議を開始」とツイッターに投稿しています。

この離脱期限の再延期申請ですが、ジョンソン首相はこれまで離脱期限の延長申請をするくらいなら「野垂れ死にした方がましだ」と事あるごとに離脱の延期を否定してきました。

この先の展開、EUが離脱期限の再延長を認めるかですが、加盟国の全会一致を要し、フランスなどはこうした延期にかなり否定的、おそらく再国民投票や解散総選挙を求めてくるはずです。

こうしたことから、週明けの市場は再びメディアが報じるブレグジット関連のニュースヘッドラインに振らされる展開が継続、英ポンドは、再び右往左往することが予想されます。

それ以外ですと、どちらかというと材料難、週の後半にイベントが集中しており、10/24、ECB理事会が開催予定、すでに9月の理事会で緩和パッケージを発表済み、無風通過でしょう。

ECBドラギ総裁にとり、今回が最後の理事会、そして記者会見となるわけですが、今後の政策見通しやラガルド新体制に向けたメッセージの発信があるかもしれません。

経済指標関連では、10/24、10月ユーロ圏主要国製造業PMI(購買担当者景気指数)速報値、米国9月耐久財受注、10/25、ドイツifo企業景況感指数等の発表が予定されています。

どれもそれなりに重要ですが、相場の流れを大きく変えるほどでもないでしょう。
 

今週の動画はこちら、ご笑覧くださいませ↓

https://youtu.be/8Tb895ZILfw

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る