元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.05.18

今週の展望、動画

著者:竹内 のりひろ


グローバルで、株価の戻りが一巡、先週はトランプ大統領の対中国での断交発言もありリスクセンチメントは悪化、今週は開催が延期されていた全人代(中国人民代表大会)も5/22に開幕します。
 
すでに、新型コロナウイルスの調査を依頼した豪州に対し、食肉の一部輸入停止を宣言するなど、全人代に向け、(国内にアピールする意味で)対外的に強硬姿勢が目立ってきました。
 
1月に一旦第1弾の合意に至った米中ですが、ここにきて投資家心理はやや悪化、今週は、ポストコロナ後の着地点を探る週となりそうです。
 
先週、FRBのパウエル議長は「マイナス金利の採用を否定」していますが、今週は、FRB関係者の講演が多くセットされ、今後を行方を占うという点で、何かヒントが得られるかもしれません。
 
5/18、08:00、パウエル議長のCBSテレビのドキュメンタリー番組“60 Minutes”への出演が決定しており、何を語るか早くも注目を集めています。
 
5/19、23:00、米国のムニューシン財務長官とパウエル議長が上院銀行委員会に出席、議会証言にのぞみます。
 
今後の政策運営に関し、広く議員などからの質問に回答するわけですが、こちらは一般論に終始し、無難に終えるはずです。
 
5/22、02:00、クラリダ副議長がNYで「米経済見通しと金融政策」と題するオンライン・ディスカッションに参加予定、題目が題目だけに、何か情報発信があるかもしれません。
 
5/22、03:30、パウエル議長が“How is COVID-19 Affecting Your Community”(コロナは社会にどう影響する)と題するネット配信のなかで、冒頭の挨拶を予定しています。
 
こちらは、あまり金融政策に関係しないかもしれませんが、念の為にマークしておきます。
 
来週までみますと、5/25は米国ではメモリアルデーの祭日で金融市場は休場ですから、場合によっては今週は週の後半から、為替市場はやや閑散となる可能性があります。
 

ポジション的には、ややリスクオフを意識した組み方を継続するつもりです。

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る