元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2020.06.29

今週の展望、動画

著者:竹内 のりひろ


今週は、月末月初であり、月末のリバランスの資金フローが気になるところですが、今月の場合はグローバルで株価は大きく変動しておらず、為替のリバランスも大きくない可能性があります。
 
(明日にも詳細に算出予定)
 
6/30、FRBパウエル儀長とムニューシン財務長官が、新型コロナの対応等について米下院金融委員会で議会証言の予定、今後の金融政策等に何かヒントが得られるかもしれません。
 
香港が英国から中国に返還されたのは、1997年7月1日、つまり、今週の7/1は「返還記念日」、この日の前に「香港国家安全法」の制定が濃厚で、米国の対中制裁の行方は注目です。
 
7/3は米国では独立記念日の休日となり。毎月恒例の米国の雇用統計(6月分)の発表は7/2(木)に前倒し、木曜発表となるのはこの20年あまりで4回目となります。
 
先月(5月分)は、NFP(非農業部門雇用者数)の減少予想に反し、大幅増とポジティブサプライズ、今月は反動減となるか、引き続き回復となるか、見方は微妙に割れているようです。
 
足元でこう着感を強める為替市場ですが、中長期を展望するという観点では、今週も依然材料難、何か起爆剤が欲しいとところです。
 

今週の展望のなかでは、目先の強弱材料を総点検しています↓
 
https://youtu.be/cyMigdK4Otg
 

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る