元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.05.21

週末のニュース、週間展望の動画、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


【全ては動画のなかに盛り込んでいますが、すぐにはアクセス出来ないという方のために。イタリア国債の動向から判断する限り、本格的なEURUSDの回復は厳しいと考えています。仮に下げが失速しても低位安定と考え、戻り局面ではショートの再構築を図っていきます】

週末に出た複数のニュースから、

ワシントンで5/17-18に開催されていた米中の貿易協議ですが、19日に共同声明発表し、「ムニューシン財務長官は、中国の輸入拡大の表明で、制裁関税は当面保留」と伝わっています。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30745910R20C18A5MM8000/

この報道を受けて、週明けのウェリントン・シドニー市場でUSDJPYは110.90/92(午前5時20分)と前週末比で若干USD高に振れています。

イタリアで「5つ星運動」と「同盟」が連立、フローレンス大学の教授であるGiuseppe Conte(読みが難しい、コンテ首相?)氏を首相に推すとしています。

これにより綱領の遂行に一歩近づいたわけですが、動画にも盛り込みましたが、この2大政党は「EU懐疑派」ですから、EUとの関係の悪化はまず明白でしょう。

財政の悪化は格付け機関より格下げのリスクを伴うことから、この辺もイタリア国債が広く敬遠される背景でもあります。

今週の週間展望の動画です↓

https://youtu.be/X2aG-1Ck-Ok

■トレードポイント

大幅に減額したEURUSDのショートを継続、戻りや買い戻しの目途、デイトレ指南等はSmartLogicFXまで。

 

(注意)当記事はSmartLogicFX から抜粋して掲載しております

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

2020年版 最短で1億円を築くFXの稼ぎ技229 相場の壁とレンジで稼ぐFX

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

トップに戻る