元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.09.25

FOMC利上げ後のここまでの結果

著者:竹内 のりひろ


【FOMCでの利上げ後のUSDJPYの値動きを振り返っています】

9/26(日本時間9/27)のFOMCの終了後に0.25%の利上げが100%織り込まれています。

2015年12月に始まった今回の米国の引き締め局面、ここまで7回の利上げが実施され、USDJPYの利上げ当日の終値と翌月の月末終値を比較した場合、7回のなかで4回が下落、翌々月では実に5回が下落となっています。

利上げが通貨ドルの上昇に寄与していないことが明白です。

翌々月で上昇となったのは、今年に入っての2回の利上げで、利上げ実施時の絶対的なUSDJPY水準が2月以降のリスクオフで「低かったことを加味」すれば、利上げ⇒ドルの下落は鮮明です。

これは利上げの織り込みが完了していたからで、今回も恐らく同様の展開が想定されるはずです。

直近7回の利上げ後の結果はこちらの画像↓

 

■トレードポイント

週半ばに複数のイベントを控えているため様子見、ポジションはありません。

 

※今週(今後)の動画、トレードポイント詳細等はSmartLogicFX で公開しています。

 

(注意)当記事はSmartLogicFX から抜粋して掲載しております

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る