元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.10.09

上海株安・人民元安、米財務省、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


【上海株安、人民元安、この後者に対し米財務省より「憂慮」という声明がでてきました。週末とされる為替報告書の発表を控え、豪ドルに売りと判断しています】

先週末に、景気浮揚効果を狙い預金準備率を引き下げた中国人民銀行ですが、「緩和効果もなく」上海株は前日比で-3.72%、USDCNH(米ドル/人民元)でも人民元安が再び静かに進行しています。

欧州では、予算案の先行き懸念からイタリア国債が売られ、10年国債では3.61%と実に2014年1月以来の水準まで上昇、為替市場では当面ユーロを積極的に買えない状態が継続することになります。

米国市場はコロンブス・デーで休場だったわけですが、上述の人民元に動きに、米財務省のスポークスマンから「米国は人民元の下落に憂慮しており、この先の動向も注視する」との声明を発表しています。

今週の動画のなかでも触れましたが、年に2回の為替報告書、その2回目の発表の目途とされるのが10/15ですから、今週末辺りが発表のXデーと予定されます。

初の「為替操作国」認定へ向け、ややきな臭い声明であったような気がします。

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/b31a8e76d13a76d04afac2a75c976c40-1.jpg

 

※今週(今後)の動画、トレードポイント詳細等はSmartLogicFX で公開しています。

 

(注意)当記事はSmartLogicFX から抜粋して掲載しております

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る