元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

FXコラム

2018.10.30

メルケル首相、キーリバーサル、対外直接投資、トレードポイント

著者:竹内 のりひろ


【単刀直入にUSDJPYの下げ渋りの背景、対外直接投資の増加が背景でしょう】

ドイツのメルケル首相は州議会選挙の責任を取り、12月の党首選に出馬せず、2021年まで首相を務めた後の政界引退を表明してきました。

大手格付け会社S&Pグローバルがイタリアの格付けを“BBB”に据え置き、見通しは「ネガティブ」ですが、以上を背景に昨日はユーロが買い戻される局面もありました。

今月、日経平均株価は月初から12%を超える下落を演じていますが、一旦「27年ぶりの高値」をつけた後の(歴史的)大反落で、このまま月を終えますと前月の安値を下回ります。

高値圏で新高値形成後反落、ひとつ前の安値を下回り引けるパターンは、本欄でよく登場する『キーリバーサル』(酒田五法では抱き線、包み線)の出現で、更なる下落を示唆する形状です。

こうしたリスクオフの局面にありながら、USDJPYが下げ渋っていますが、背景は何でしょうか?

市場関係者にも色々聞いてみたのですが、やはり断続的に出ている「対外直接投資」の資金フローではないか?という結論になりました。

こちらですが、年初1月より月間平均で1兆円を超え、8月までの累計で11.3兆円を記録しています(財務省統計)。

11.3兆円に余りピンとこないでしょうから、具体例をあげますと、政府・日銀の為替介入では直近で最終局面の2011年8月4日の円売りドル買い介入の額が約4.5兆円でした。

この日、介入開始時点は77円台半ば、高値は80.25ですから、4.5兆円の介入をもってUSDJPYを3円程度押し上げたことになります。

上述の「対外直接投資」は、M&A(企業の合併買収)等からの外貨買い、円売りですから、買い切り(近い将来に外貨売りとなって市場に出ない)です。

こうした「外貨買い」が毎月継続していることを考慮すると、リスクオフの局面でもUSDJPYが下がりづらくなっている構図が判明してきます。

 

https://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/4b9236cf2f1b30861926abb236634b09-1.jpghttps://www.fpnet-ec.com/assets/common/img/member/bbs/11/4b9236cf2f1b30861926abb236634b09-2.jpg

※今週(今後)の動画、トレードポイント詳細等はSmartLogicFX で公開しています。

 

(注意)当記事はSmartLogicFX から抜粋して掲載しております

竹内 のりひろ

>> 著者ページはこちら

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る