元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

初心者の方

1-2.円高・円安とは

1ドル100円から、1ドル110円になると、10円の円安
1ドル100円から、1ドル90円になると、10円の円高

●円高・円安とは

例えば、1ドル100円から1ドル110円になると、10円の円安です。
100円から110円になると、数字が大きくなるので、円高と思ってしまいそうですが、ちがいます。
ドルが100円から110円になると、以前は100円で1 ドルが買えたのに、110円必要になるため、円の価値が下がること、つまり円が安くなるということなので、円安と表現します。
反対に、1ドル100円から 1ドル90円になると、10円の円高です。

100円のジュースを買うのに、110円必要になったら、お金の価値が下がったと言えます。それと同じで、先月は100円だった1ドルを買うのに、今日は110円必要になったなら、ドルに対して円の価値が下がって、円安ということになります。

先月100円で買えた1ドルが、今日は110円必要 → 円安

●「今日は円高です」

ニュースで「今日は円高」というときは、通常、ドルに対して円の価値が上がったことを示します。
つまり、「今日は円高」と報道されても、ドルが他の全ての通貨に対して安くなっただけ、つまり、単純にドル安(ドルの独歩安)ということもあります。

円高・円安と言われるときには、円が、ドルだけではなく、ドル以外の通貨に対し
ても円高なのか円安なのかも確認するようにしましょう。
FX 会社のチャートでは、いろいろな通貨の組み合わせを確認できます。

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る