元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

初心者の方

1-3.為替差益とは

為替差益・為替差損: 為替変動で生じる損益
レバレッジをかけると、為替差益(為替差損)が大きくなる

●為替差益・為替差損とは

(1)為替差益
1ドル100円のときにドルを買って、1ドル105円のときにドルを売った場合、 1ドルあたり5円の利益になり、これを為替差益と言います。

(2)為替差損
反対に、1ドル100円のときにドルを買って、1ドル95円のときにドルを売った場合、1ドルあたり5円の損失になり、これを為替差損と言います

●為替差益とレバレッジの関係

例えば、1ドル100円のときに、100万円の証拠金を元に、1万ドル(100万円相当) を買います。(1買うのでレバレッジ1倍となります)
その後、1ドルが105円になったので、ドルを売りました。 為替差益は、105万円ー 100万=5万円となります。証拠金は、100万円から105万円に増えました。

それでは、レバレッジをかけてみましょう。
1ドル100円のときに、100万円の証拠金を元に、10万ドル(1000万円相当) を買ったとします。(10倍買うのでレバレッジ10倍となります)
その後、1ドルが105円になったときに、ドルを売りました。為替差益は、1050万円ー 1000万=50万円となります。証拠金は、100万円から150万円に増えました。

前者と後者は、同じ証拠金100万円ですが、レバレッジをかけることで、後者は証拠金が1.5倍になりました。
このようにレバレッジを上げた場合、うまくいくと大きく利益を出せますが、失敗すると損失も大きくなります。

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る