元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

初心者の方

5-3.投資資金の種類

●市場における投資資金の種類

相場には、異なる種類の投資資金があります。
為替において、分かりやすい視点で考えると次のように分かれます。

• 短期的な資金と長期的な資金
• 反対売買する資金と反対売買しない資金

それぞれを見ていきます。

○短期的な資金と長期的な資金

短期的な資金とは、たとえば、買ったらその日~数ヶ月以内に売るような取引を行う短期筋の資金です。
売りから入った場合には買い戻し、買いから入った場合には売って終わります。短い場合には数秒で反対売買することもあります。
長期的な資金は、一年以上寝かせていくような投資資金です。

○反対売買する資金と反対売買しない資金

反対売買とは、買ったものは売る、売ったものは買うで終わる取引のことです。
投資資金は、基本的には反対売買する資金のため、最後は回収して終わります。

一方、オイルを売った貿易資金などは、売るだけで反対売買することはありません。
これから考えると、短期的な資金は、目先の動きには影響を与えるものの、中長期的なトレンドには影響を与えません。
長期的な資金や反対売買しない資金は、トレンドを形成します。

下落トレンドを形成している相場では、売りを仕掛ける短気筋がいます。
これらの短期筋は、下落で利益を出しますが、底近辺では一斉に手仕舞いをします。
すると、急落していた相場は、反転して急上昇することになります。
これは、短期筋の売り方が底を打ったと判断して、あわてて利益確定の買いを入れているからです。

このような時には、売り手が急激に上昇する相場で、手仕舞いが遅れて含み損が発生することもあります。
再下落するだろうと思っていた筋も、下げる気配がないのであわてて買い戻すことを踏み上げ相場といい、相場はさらに上昇します。
短期筋が多い相場、たとえば、豪ドル/円などは反転後に急上昇することが多いです。

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る