元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

メディア

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

初心者の方

5-7.日本のリスク

●日本が抱えるリスク

投資にはリスクがありますが、日本という国にもリスクがあります。

(1)増税

政府の方針として、増税傾向であることははっきりしています。
今後、税金・社会負担が増えるのは避けられず、可処分所得は減る方向です。

(2)景気悪化

増税すれば、景気悪化は避けられないでしょう。

(3)国家財政破綻

現在、国の財政は破綻寸前です。いえ、実際には既に破綻状態です。
国家破綻状態にしても、それを回避する策を取るにも、インフレ懸念と円安懸念が強くなっていきます。
インフレになると、普通預金で預けておくことがリスクになってきます。

(4)大地震

想定外の大地震などの災害は、まだこれからも発生する可能性があります。

(1)~(3)は、国家財政の危機からくるものなので、根はひとつです。
政府の景気対策は、公共投資・減税・公定歩合引き下げの 3 つがあります。
しかし、以下の通り、日本には景気対策ができる財源がありません。

• 公共投資  財源が無いため縮小方向
• 減税    財政危機のため年々増税方向
• 公定歩合  既に超低金利のため、これ以上引き下げる余地がない

政府は財政危機のため、景気対策ではなく景気悪化対策をとっているとも言えます。
そのため、日本は、どこかのポイントから円安に向かっていく可能性が高いと判断しています。

また、東京に大地震がくれば、大きく円安に振れるでしょう。
一時的な円高があったとしても、東京に対する破壊的な地震は円安要因です。

このような状況下で、何も対策をしないことは大きなリスクとも言えます。
何かをするリスクは分かりやすいのですが、何もしないことのリスクは気がつきにくいものです。

★ 特別レポート

短期取引でも中長期取引でも、大きな視点で相場を見ることは大切です。
下の URL より、特別レポート「投資・トレードで100億円達成の秘訣」が無料ダウンロードできます。
https://www.pro-fx.info/mailmaga.html

新着情報

メディア情報

無料講座・メルマガ

おすすめ商品

FXプライムbyGMO FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る