元チーフディーラー集団(柾木 利彦、西原 宏一、伊藤 寿彦、竹内 のりひろ)+各分野一流の執筆陣の相場記事

×

メディア

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

おすすめ会社

FXプライムbyGMO

スパンモデル標準搭載

新着情報

2018.08.03

8月は円高の季節!?


8月2日21:30~22:00 ラジオNIKKEI第1「集まれトレーダーシンプルFXトレード」
今日の聴きどころ!

本日のオープニングトークは、
今全体的にあらゆるアセットが下がっていて、何が上がっているのか、
探すのが難しいですね。
上海総合指数が大きく下がって、プチリスクオフ、株安ドル高円高・・・から始まった。

「今日のブルベアから見えた、西原宏一の視点をお届け!!」

大橋)このコーナーはドル円に絞りまして、強気の材料、弱気の材料を整理してみました。
ということでご覧戴きましょう。

大橋)ブルです。
日銀の金融政策決定会合、大注目でした。
今週発表になってるんですが、金融緩和策の柔軟化ということで長期金利の上昇幅少し上げ幅持たせると。

西原)一定幅ですね。

大橋)はい、変更がありました。これだけ見ると円高要因なんですが上手くここはすり抜けてというか、クリアして円安に持っていくことに成功してますので。

西原)成功している…?まあそうですね、1日だけですけど。
これはピックアップしてこのあとご紹介します。

大橋)そうですね。あとはブル要因としましては、アメリカのGDP良かったですね。

西原)良かったですね。4.8%ではなかったですけど4.1%ということなので次のクォーターで出るのが10月の末になるんですけれども、中間選挙の前。これが4%越えとかの数字が出ると年率で3%越えが確実…確実とは言えませんね。可能性が高くなってくるので、中間選挙にとってはトランプ政権はかなり有利。

大橋)トランプ大統領、Twitterで少しはしゃいでいらっしゃいましたね。

西原)これは公約で年率で3%以上達成すると言って、公約していて民主党政権はオバマ政権の時に…これ先週やりましたけれども、3%を一度も達成しないで終わった大統領になってしまいましたと。
それに対抗して、自分は3%越えを達成すると言って民主党寄りのエコノミストはそんなこと今の時代は出来ないと言ってたんですが、出来てしまう可能性が高い。

大橋)ただこれ、4.1%っていう数字をもっとハードル上げちゃったとこがありますね。
この惑星で最も良い経済数値が出るみたいなことを。

西原)これ本人が言ったんでしょ、それ。

大橋)だからそう、トランプ大統領がそう言ったもんだから5%みたいな予想する人が出てきたんだけど。

西原)あーそうですね、4.8%とかあったので。そこまでは良くなかった。
でも4.1%って凄いですよね。日本なんて全然ですからね。先進国としてはアトラクティブな良い数字ではないかと思います。

大橋)そして、アメリカも決済色々出てますがAppleが非常に良くてこのところファングどうなんだっていうような懐疑的なNASDAQ指数やばいんじゃないの、みたいな話が出てましたけど。ちょっと払拭するような良い値動きを見せています。

西原)Appleは僕は割とこう米株に対してネガティブなので、ちょっと…とは思うんですが、Appleに関してはApple自体がこう、数を売るよりもプレミアムなものを売ろうとしているので。

大橋)サービス?

西原)うん、まあApple musicもそうですし。例えば昔Appleストアに行くと周辺機器なんかも売ってたんですけど、その周辺機器は奥のほうにいってApple watchが一番最初に来てるんですね。ブランド戦略にきてて、付加価値が高いものを売る。だから数としてはギャラクシーとかサムスンとかファーウェイに負けてるんですけれども、収益ベースは悪くないんじゃないかというのを割と良く言われていたので、やっぱりAppleは良いのかと。

大橋)過去最高の4-6月期決算でしたということですね。
それから中国は景気重視に転換したということで、これまでの引き締め策から、公共投資拡大ということで緩和策に舵を切った…このこと自体はプラスなんですが、右側見ていただくと上海株は下落している。
これね、中国がどんだけてこ入れ策しても上海株は上がらないのはトランプさんのせいか、一番上に戻ります。
第三弾と言われていた2000億ドルのところも10%どころか25%を検討しているという。この報道は昨日聞きましたね。

西原)まあ止まらないですね。25%は結構大きい。まだ検討している段階なので、トランプさんはブラフが多いのでそれほどマーケットは衰えてないんですが、やっぱりこの数字25%かなり大きいので。

大橋)いやー、昨日FOMCあれだけ普通に予想通りと言えば予想通りですが、鷹派ではあるじゃないですか。
どんどん下がっていくのなんだろうと思っていたらこれだったんですね。

西原)うん、まあこれで下がったじゃないですか。

大橋)いや私はFOMCだけ見ててなんで今これ下がってるんだろうって、昨日の夜中解せぬまま寝たんですが。

西原)よく起きてますね、3時なのに。

大橋)朝起きて、これかみたいな。
あと日米貿易協議の方、これも中国にこんだけやるんだったら日本も大丈夫か…ということで8月9日に初会合があるんじゃないかと報道が出てますね。

西原)ちょっとこれは厳しい協議になりそうですね。

大橋)そうですね。そしてファング株はちょっと駄目だというNASDAQ、Twitterというのが20%以上下がる。

西原)まあfacebookですね。Facebook、Twitterが20%以上下落しているということですね。

大橋)でもAppleは良かったということです。
そして今日ピックアップするのはこの日銀です。さあ31日の会合で、予想通りの部分とそうでなかった部分があるそうなので西原さんに解説いただきましょう。

西原)はい。最初の金融政策の微調整というところですね。
これは先週ちょっとご紹介しましたけれども、報道があった通りの結果が出ていると。先週関係者筋という風な報道だったと、これはリークであると申し上げたんですが、これは結局リークだったということですね。報道通りの結果である。
長期金利を柔軟化する。マイナス金利には適用範囲を縮小してETF購入をTOPIX型に変えるということですね。
これは先週ご紹介した通りの結果で、これ自体は円高要因になります。

大橋)そうですね。金利を少し「上ぶれ容認」ということですからね。

西原)まあキャップは付けているので、プラスの0.2%。これ意見は分かれていて、ゴールドマンサックスなんかはその次のフォワード・ガイダンスに容認して円安と言っているんですが、モルガン・スタンレーなんかはキャップは付いてるんですけれども長期金利の上限幅を拡大したということで円高要因という風に意見が分かれている。

大橋)分かれてるんですか。

西原)で、どちらにしても直近で日銀が狙っていたのはフォワード・ガイダンスの方を隠し玉にして円高になるのを防いだ。

大橋)新たに導入したということですね。

西原)そうですね。これをリークした時に一定では全然円安にはならなかったんですが、これを隠し玉として発表したので円高要因を消してフォワード・ガイダンスを入れたことによってサプライズで円安と日経平均高を演出したということなんですが。
まあフォワード・ガイダンスなので将来的にどうなるかって予測なんですが、2019年の10月に消費税の引き上げが予定されていると、本当にやるかどうかは知りませんが。
そうなると景気が腰折れする可能性があるので、極めて低い金利を当面の間、維持する。当面というのは色んな人が言ってるんですが、2~3年という風な解釈が多いんですけれども。これだけを入れると長期金利は上がるんですけど、定期金利が続くので円安。逆に言うとプラス幅の0.1%~0.2%にして、これがまた上がっていく可能性があるので、金利をいじったことに変わらないので円高要因。2つに意見が分かれてる、と。

大橋)でも市場の反応としては、直後は円安いきましたからね。

西原)日銀の思惑通り、金融政策を微調整したんですけれども日経平均が落ちるんではなく上がる。円高にならないで円安。

大橋)0.1%に固定するということにこだわるよりも柔軟性を持たせることで長期化が可能になるという風に考えれば上手いこと考えたな、ということで長期化するんだというようなインパクトを市場にもたらすことに成功したということですね。

西原)が、しかし。次のチャート、問題の10yearの日足ですけれども。
発表直後、フォワード・ガイダンスの方に入っていたので逆に金利が上がるどころか下がってしまったんですね。

大橋)はい。チャートをご覧戴きましょう。

西原)0.06%の方に下がってしまったということなんですが、そのあと結局本日は昨日の安値が結局0.12%でじわじわと金利が上がってきて、0.2%の方に向けて上がっているということですね。まあ上がっているので円高要因になってしまう。

大橋)ということで市場は本当にこれ0.2%より上、認めないのかどうかちょっと試そうみたいな。

西原)日銀を試す動きに当面なるんじゃないかなと思っています。

大橋)今日は通常のオペでずいぶん買って上を止めたみたいな。

西原)ちょっとこれもサプライズなんですが、こういうサプライズ的なものを多用するとビックリしなくなってくるのでこのやり方もたないんじゃないかなと個人的には思います。

大橋)そうですか。では西原さんがここからのドル円相場をどう見ているのか次のコーナーで聞いていきましょう。
以上。西原宏一のブルベアどっちでした。

この後の大橋さん・西原さんのトークは
以下動画アーカイブ、radikoから、どうぞご覧ください。

動画アーカイブ

https://www.youtube.com/channel/UCLhjaz_j5zgylcilm_aCzTQ

radiko
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20180405213000

■番組情報
「集まれトレーダーシンプルFXトレード」
放送日時
ラジオNIKKEI第1 毎週木曜日 21:30~22:00
出演者
パーソナリティ:西原宏一
MC:大橋ひろこ

過去放送
YouTubeでもライブ配信中!(ラジオ放送、Ustream配信と同内容)
https://www.youtube.com/channel/UCLhjaz_j5zgylcilm_aCzTQ

聞き逃してしまった方はこちら(radiko)
http://radiko.jp/#!/ts/RN1/20180405213000

Twitter
ラジオ番組「集まれトレーダー!~シンプルFXトレード」 Twitter
https://twitter.com/rn_simplefx

西原宏一メルマガ シンプルFX Twitter
https://twitter.com/fpnet_nishihara

新着情報

メディア情報

無料メルマガ

無料講座

おすすめ商品

FXプライムbyGMO

おすすめ会社

スパンモデル標準搭載

トップに戻る